“なり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナリ
語句割合
服装16.3%
14.5%
12.0%
9.5%
姿7.1%
扮装4.5%
4.0%
3.1%
2.3%
身装2.0%
2.0%
1.4%
風俗1.4%
服裝1.3%
衣服1.3%
風采1.2%
風体1.0%
風姿1.0%
0.8%
0.7%
0.7%
衣装0.7%
体躯0.6%
形姿0.6%
扮裝0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
衣裳0.6%
身長0.5%
容姿0.5%
形装0.4%
0.4%
姿態0.4%
0.4%
容體0.2%
態度0.2%
0.2%
体格0.2%
姿勢0.2%
身体0.2%
風態0.2%
0.2%
0.1%
體格0.1%
0.1%
姿形0.1%
字形0.1%
容子0.1%
形体0.1%
形容0.1%
形態0.1%
形裝0.1%
形體0.1%
打扮0.1%
旅装0.1%
服粧0.1%
服飾0.1%
0.1%
0.1%
着物0.1%
行装0.1%
衣類0.1%
装束0.1%
身裝0.1%
風體0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふみ「おや、そこ開けて遣っておくれ……此方だよ、此方へお這入りなさい……あらまア穢い服装でマア、またお出でなすったね」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
六日間も自転車競争場の桟敷で、さばけたをして酒の肴のザリ蟹を剥いてるところなぞ一緒にいてぞっとする程好かったですよ。
巴里祭 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
女房も女房亭主も亭主也、男女同権也五穀豊穣也、三銭均一也。これで女房が車からりて、アイと駄賃を亭主に渡せば完璧々々
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
そんな事を考えているに、白髪の老人が職人尽にあるようなをして、一心に仮面を彫っている姿が眼にぶ。頼家の姿が浮ぶ。
なあお、お豊がこう化粧した所は随分別嬪だな。色は白し——姿はよし。じゃそうもないが、外に出りゃちょいとお世辞もよし。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「そこらをぶらつくうちにはまた出会いましょう。あの扮装です……見違えはしませんから、わざわざ引返すのも変ですから。……」
吉瑞けん、此年此家の初産男子をまうけ、やまひもなくておひたち、三ツのとし疱瘡もかろくして今年七ツになりぬ。
お通はもせずりながら、手も動かさずも崩さず、石に化したるもののごとく、一筋二筋頬にかかれる、後毛だにも動かさざりし。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
越後の上杉家とは、それから間もなく、上野国の国境で、小競あいがあり、甲州の武田信玄は、久しくをひそめていたを鳴らして
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私はどんな醜い女とでも喜んで歩くのだが、どんな美しい女でもその女が人眼に立つ奇抜な身装をしている時は辟易するのがつねであった。
世相 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
衣服もわざと同一で、お縫が附添い、身を投げたのはここからという蓬莱橋から、記念の浴衣を供養した。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ところへ何処かの奥さんが来て、お母さんと談話を始めた。やはり見物に来たんだ。御大層をしている。を抱いている。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
華美御生活のなかに住み慣れて、知らず知らず奥様を見習うように成りましたのです。思えば私は自然と風俗をつくりました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
腰までしかない洗晒しの筒袖、同じ服裝の子供等と共に裸足で歩く事は慣れたもので、頭髮の延びた時は父が手づからつて呉れるのであつた。
二筋の血 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
そうするとこれを聞いたこなたの衣服の少年は、その眼鼻立の悪く無い割には無愛想薄淋しい顔に、いささか冷笑うようなを現わした。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
小春の雲の、あの青鳶も、この人のために方角を替えよ。姿も風采も鶴に似て、清楚と、端正を兼備えた。襟の浅葱と、薄紅梅。もほんのりと日南の面影。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
松坂木綿のよれよれになったやつへ煮しめたような豆しぼりというやくざな風体をしているのだから、女が面くらったのもあたりまえで、立て膝のまま
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「見すぼらしい風姿をしてはならない。」とお葉はその時思ひながら、少しも悲しいことはなかつたのであつた。
三十三の死 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
なぜなら、今そうやっていたは、神に対し、仏に対して、ものを打念ずる時の姿勢であると思ったから。
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
晴着を着た、女中のやうなをした、お内儀さん風の、まだ若くて大層縹緻のよい、髮と眼の黒い、活々とした顏色の女だ。
口に尾をみて、になり、ほど迅く追い走ると言ったが、全くで少しも毒なし、しかし今も黒人など、この蛇時に数百万広野に群がり、眼から火花を散らして躍り舞う
此人は衣装らず外見も飾らず朴実律義で、存魂嬢様に思込んでゐたがとも媚諛ふ容子を見せなかつた。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
大きな体躯をして子供らしい奴等だ。それでお春さんは彼様に乃公を好遇したんだな。可愛がられるのもいいが、面当てに可愛がられるんじゃ一向ありがたくも何ともない。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
御前はそんな形姿地体どこへ、行ったのぞいと聴くと、今芹摘みに行った戻りじゃ、和尚さん少しやろうかと云うて、いきなりわしのだらけの芹を押し込んで、ハハハハハ
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
『あら、鮎釣には那麽扮裝して行くわ、皆。……昌作さんは近頃毎日よ。』と言つてる時、思ひがけなくも礫々といふ音響が二人の足に響いた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「うむ。長かったのう。あの歌をば聞きおるに俺あ、悲あしゅう、情のうなった。この間死んだが、真夜中になると眠ったにアゲナ調子で長い長い屁をばきよったが」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
私は大の字凝然としたまま、を一パイに見開いた。そうして眼のだけをグルリグルリと上下左右に廻転さしてみた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ふりかえって東を見れば、㓐別谷るヱンベツの山々をまえて、釧路雄阿寒雌阿寒が、一はのよう、他は菅笠のようなをして濃碧の色くっきりと秋空に聳えて居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
当家の望月様へ甲府の御勤番と言って立派な衣裳をしたお武士が二人、槍を立て家来を連れて乗込んで来ましたから、不意のことで当家でも驚きました。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
元気のいい、身長よりも大きな声で、いつも廻って来る居酒屋の小僧が、怒鳴っていた。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
容姿から名前まで聞くんです。
あやつり裁判 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
から主人が来た。主人のは十月の日に照らされて七分がた白くなりかけた。形装も尋常ではない。腰にキルトというものを着けている。膝掛のようにの織物である。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
まだ錆も出ぬ様子ゆえ、ピタリと鞘に納めて懐へ入れ、部屋着ので屏風の許へ来て立って居りました。
はすらりとした方だが、そう大きくもなく、姿態がほどよく整っていた。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
お京はお高僧頭巾目深風通の羽織着てに似合ぬなるを、吉三は見あげ見おろして、お前何処へ行きなすつたの、今日明日は忙がしくておを喰べる間もあるまいと言ふたでは無いか
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
鹽梅にも一きくなつてれゝばいが、斯麽さな容體をしてるのは可厭だわ!
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
燈火に対して、瞳しゅう、鼻筋がすっと通り、口許った、せぎすな、眉のきりりとした風采に、しどけない態度も目に立たず、繕わぬのが美しい。
女客 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
結句の、「まさに」は、「まさね」で、「ね」と「に」が相通い、当時から共に願望の意に使われるから、この句は、「業務に従事しなさい」という意となる。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
岩公の阿爺体格は小さい人の好いさんだが、昔は可なり遊んだ男で、小供まで何処かイナセなところがある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
女のく結ばれ、その眼は重々しく静かにり、その姿勢はきっと正され、その面は深く沈める必死の勇気にされたり。男はれきったる様子になりて
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
少し来ては都合の悪い事があって来ませぬ、お前さん私は今まで泣いたことはありません、又大きな身体をして泣くのは見っともねえから、めろ/\泣きはしませんけれども、に身寄兄弟もなし
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
俺らは、手前らの正体なんか知りたくもねえが、その風態では、いくら夜中でも、江戸の町あ歩けねえから、いいか、ここを出たら庭で三人いっしょに袋を脱いで、桜の木へ掛けて行くんだ。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
『そんなきなをしてさ!』(ちやんはよくひます)『くなんテ!おんなさい、よ!』つても矢張じやうにいてて!の一した揚句
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
然処私兼て聞及居候一事有之、辞安の人とに疑を懐居候。其辺の事既に御考証御論評相成居候哉不存候へ共、左に概略致記載入御覧候。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此三十金は必ずや事ある日のために蔵してゐて、敢て自家のために徒費しなかつたものであらう。榛軒の生涯は順境を以て終始したので、その人とを知るべき事実が少い。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
れにやされつとも、んでかつたかんな、仕事ぢや卯平かつたが、かうだ體格して相撲ぢやれにやかたでぺた/\だ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
たがそれでれぐつと身體にやつけつちやつたな、所爲だな十五つたな、そんだからぐにの八はずん/\けたな、らこんで體格はちつちえがかつたな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
みんな継ぎはぎだらけのひどいをしているし、痩せほそって顔色が悪く、末っ子の又次のほかはみな病人のようにみえた。
姿形にしてからが、チチコフ同様、あまり肥ってもいなければ痩せてもいなかったことを容認しない訳にはゆかなかった。
薄日はしたがまだけぬ、道芝に腰を落して、お鶴はくの字形に手を小石。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
子は父を思ふとそのまゝの容子で下へ降りた。
(新字旧仮名) / 横光利一(著)
形体は私が寝ていて想像したよりも大きかったが、果して全身雨に濡れしょぼたれて、泥だらけになり、だらりと垂れた割合に大きい耳から
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
願ひますと云ば手先のだぐず/\云ふ事たアネヘ貴樣は怪しい奴に相違ない夜中無提灯にて其樣な大包みを背負形容にも似合鮫鞘脇差をさし是は大方其處らで盜み來りしならん殊に草鞋
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それから蒲公英桔梗女郎花……一年生草花は、れも小供姿をしたものばかり、形態小柄で、のさめるような模様衣裳をつけてりました。
成程銘仙だの御召だの、白紬だのが其所一面らしてあつた。宗助形裝言葉遣可笑しいに、立派品物脊中せて歩行のを不思議つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
後藤は是々其者の名前は何と申やと云に新藤市之丞と申せしと聞やや後藤扨とは云ながら稽古形體にて玄關へ出來り是は/\らしや市之丞殿能こそられたりまた長兵衞殿清兵衞殿も同道か何れもらしき人々先々此方へ/\と云ながら一間へ通しやれ/\久々なりとひに一以來の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
きっとその時代の故実を引っ張り出して面白い打扮をやったのであろう、など私は話したことでありました。
洋服、脚絆草鞋旅装で鳥打ち帽をかぶり、右の手に蝙蝠傘を携え、左に小さな革包を持ってそれをわきに抱いていた。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
小歌が莞爾と笑った時だけ、不知不識の間に自分も莞爾と笑い連れて、あとはただ腕組するばかりのことだから、年の行かぬ小歌にはたえ接穂なく、服粧には適応わず行過た鬼更紗の紙入を
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
アノネ貴君、今日のお嬢さまのお服飾は、ほんとにお目に懸けたいようでしたヨ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
又た義実が自白のに「かくてかの玉梓が。うらみはこゝにらず。八房の犬とかはりて。伏姫をて。深山辺に。隠れて親に物を思はせ。」云々
惚れたからは、でも肺病でも構わんのでなくっちゃ、妙ちゃんの相談は決してせん。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
キリストは見窄らしい着物で説教を始めた。
二人‥‥1‥‥ (新字旧仮名) / 李箱(著)
するといつの間にかに立って居りました人の行装は、二十四の深編笠を冠り、鼠無地の着物に同じ色の道行振を着て、木剣作りの小脇差をし、合切袋を肩に掛けて、余程旅慣れて居ると見え
それとお衣類にちがったとこがあるばかりでございます。晋齋老人もこの場の様子が不思議に思召す。何うもお若さんが二人になってる理由がお解りになりません。
まづ一来復して、明治三十一年一の事で、下谷広小路る人の装束は、フロツクコートに黒の山高帽子き、玉柄のステツキをへ、仏蘭西製
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
窓外では、見窄らしい身裝をした朝鮮工夫が道路の修繕をしてゐた。僅かばかりの石を入れた籠を重さうに脊負つてノロ/\と坂を上つて來る工夫もあつた。
新婚旅行 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
途で乞食のやうな風體をしてゐる人に出逢つた。羊羹色もところ斑らになつた古ソフトを被つてゐた。色のうすはげた淺黄の大風呂敷で何かを背負つてゐた。
三太郎の日記 第三 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)