女客おんなきゃく
「謹さん、お手紙、」 と階子段から声を掛けて、二階の六畳へ上り切らず、欄干に白やかな手をかけて、顔を斜に覗きながら、背後向きに机に寄った当家の主人に、一枚を齎らした。 「憚り、」 と身を横に、蔽うた燈を離れたので、玉ぼやを透かした薄あかりに …
作品に特徴的な語句
わたい みおつけ じれ おっか 態度なり うしろ 良人やど 莞爾にこ さみ 東京こっち 翌朝あした やさし かぶり いだ とこ 穿 翌日あした 艶麗はでやか ことば えみ 翌日あす かんばせ わき あかり たか あが あけ わか くるし 夜更よふか わか ゆずる なり かげ もた 立停たちど しま あて うたがい ぎょく 燈火ともしび ともしび じっ うるさ はげし はぎ かいな 湧上わきのぼ すず 活計たつき 沢山たんと 此方こなた ほし 欄干てすり たのし きま がまち 果敢はかな やみ ななめ すわ おさ 戸外おもて こわ 幾許いくら はじ おさ 食物くいもの 遣繰やりく 場処ところ おんな 風采とりなり しろ 阿母おふくろ うなじ かたち そっ 口惜くやし いと 円髷まげ 難有ありがと かど 濠端ほりばた つや 阿母おっか 階下した 背後うしろ まと 縮緬ちりめん 縦縞たてじま すが 算盤そろばん