“欄干”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らんかん66.2%
てすり28.6%
おばしま3.8%
まわり0.3%
クロス0.3%
ハンドレエル0.3%
ランカン0.3%
レイル0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時には赤い裏のきたない布団が、二階の欄干にほしてあった。一緒に行った姉にいても、汚い家だといって教えてはくれなかった。
四谷、赤坂 (新字新仮名) / 宮島資夫(著)
同夜は宿を頼んだ同好の士島醫學士の厚意に依つて、特に三條村から操座を招いて、同家二階座敷に欄干を急造して演出して貰つた。
を上がりきらぬ所に薫がすわると、宮はもっと上にともお言いにならず、御自身も欄干によりかかって話をおかわしになるのであった。
源氏物語:49 総角 (新字新仮名) / 紫式部(著)
……よく、言う事で——佐渡ヶ島には、ぐるりと周囲に欄干があるか、と聞いて、……その島人に叱られた話がある。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それが船橋欄干に両たせて、青い青い秋空の下に横たわる陸地の方を凝視めているのだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その日、私は、外の候補生仲間と、欄干によりかゝつて、日の暮れかゝる港を見てゐますと、例の牧田が私の隣へ来て、「猿を生捕つたのは、大手柄だな」と、ひやかすやうに、云ひました。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
港は、H丸の欄干の下に、一日の生活を開始した。検疫を迎える小梯子の周囲は、黄色い旗をかざした水上警察艇と、一刻も早く上船しようとする土人の両替舟とで、水の見えないほど詰っている。