“欄干”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんかん66.2%
てすり28.7%
おばしま3.6%
まわり0.3%
クロス0.3%
ハンドレエル0.3%
ランカン0.3%
レイル0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿では母とあによめ欄干らんかん縞絽しまろだか明石あかしだかよそゆきの着物を掛けて二人とも浴衣ゆかたのまま差向いで坐っていた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
米友ではとても人の上から覗き込むことはできないから、人の腰の下からもぐるようにして見ると、橋の欄干らんかんへ板札が結び付けてあります。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ある日、そんな風にやっとの努力で渡って行った轍の音をききながら、ほっとして欄干らんかんをはなれようとすると、一人ひとりの男が寄ってきた。
馬地獄 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
と呆れたように莞爾にっこりして、忍んで段を上って、上り口の次のの三畳へ、欄干てすりを擦って抜足で、両方へ開けた襖の蔭へ入ったのを
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
波の荒い日で、さすがの諧謔作家も青い顔をして、何一つ物をいはないで、欄干てすりにもたれたまゝ、泣き出しさうな目をしてじつと波を見つめてゐた。
そして、大きく呼吸いきを吸ひ込むと、もうぢつとしてはゐられずに、欄干てすりの上へいきなり、俯伏せになつてしまつたんでございますよ……。
(新字旧仮名) / 岸田国士(著)
きざはしを上がりきらぬ所に薫がすわると、宮はもっと上にともお言いにならず、御自身も欄干おばしまによりかかって話をおかわしになるのであった。
源氏物語:49 総角 (新字新仮名) / 紫式部(著)
私はいつか千代子と行き会ったかの橋の欄干おばしまって、冬枯れの曠野ひろのにションボリと孤独ひとりみ寂寥さみしさを心ゆくまでに味わうことも幾たびかであった。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
跡には春の夜の朧月、殘り惜げに欄干おばしまほとり蛉跰さすらふも長閑のどけしや。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
……よく、言う事で——佐渡ヶ島には、ぐるりと周囲に欄干まわりがあるか、と聞いて、……その島人に叱られた話がある。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それが船橋ブリッジ欄干クロスに両ひじたせて、青い青い秋空の下に横たわる陸地おかの方を凝視みつめているのだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その日、私は、外の候補生仲間と、欄干ハンドレエルによりかゝつて、日の暮れかゝる港を見てゐますと、例の牧田が私の隣へ来て、「猿を生捕つたのは、大手柄だな」と、ひやかすやうに、云ひました。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
欄干ランカンハ屈曲シテ明月ヲ留メ
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
港は、H丸の欄干レイルの下に、一日の生活を開始した。