“訊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
65.8%
たず23.7%
たづ4.5%
ただ4.5%
たゞ0.6%
0.6%
きい0.1%
きく0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ドウいう人かとくと、それより数日前、突然依田学海翁を尋ねて来た書生があって、小説を作ったから序文を書いてくれといった。
露伴の出世咄 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
走行中に不意に背後から、今何か、とねても容易に答えられない。くは線路の砂利の色や、遠景の動くさまに見入ってしまう。
「エアさんはそこにゐますか。」と主人は、半分席から立上つて、入口の方を見まはしながらねた。私はの傍にまだ立つてゐた。
父がここへ来たのは丁度幸いである。市郎はの𤢖にて父の意見をすべく待ち構えていた。が、父の話はんな問題で無かった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
どうしても云はなけれや、あたしは、お前をかへす前に、旦那様と、是守とに、事実をしてみるから……。
秘密の代償 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
こゝにも亦た因果の道法を隠微のに示顕して至妙に達せり。月水の絶たるは、仙童にふまでもなく懐胎のなり。
奥様の出る時何とか言つたかい。』と佐山銀之助は茶の間にるとた。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
や、ぐ現はれたのがであつた。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ちよつとおぎ申しあんす
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
いた。武は
田七郎 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)