“たず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タズ
語句割合
38.0%
24.3%
23.6%
5.6%
2.1%
1.0%
0.7%
0.6%
田鶴0.6%
0.6%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
訪問0.1%
0.1%
尋問0.1%
探訪0.1%
0.1%
0.1%
質問0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし私も気にかかるので先代からの古い番頭にねて見たり父に問うたりして見たが、皆はっきりしたことは知らないらしかった。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
とにもかくにも彼は二人の子にあい、その世話になる人々に礼を述べ、知人の家々をねて旧交をめただけにも満足しようとした。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
らく内縁を結ぶの約をなしたるなり、御意見如何があるべきやとねけるに、両親ともにあたかも妾の虚名に酔える時なりしかば
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
笹村は二、三日、姉たちの家や、兄の養家先などを廻ってみたが、町にはどこをねても、昔の友人らしいものは一人もいなかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
黙れッ! ただいま玄関においても、余の生命をぬる声が致したようだが、今また、そのほうまで、まだ生きておってよかったと申す。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
未来の大王 その讖言によって来るところをぬると、今より二千年以降一千二、三百年までの間において、カシミール地方は大変仏教が盛んであった。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
煮売屋を開いております私の弟の処へ立ち寄りまして「うちの若旦那を見かけなんだか」とねますと
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「誰かいないかな?」目でねたけれど、自分を措いて誰も見えないので、浩はいつもの癖通り左の耳に受話機を取りあげた。
日は輝けり (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
奴国の月は田鶴のように冠物を冠っている。爾は奴国の月を眺めて、我とともに山蟹とをえ。奴国の山蟹は赤い卵をんでいる。爾は赤い卵を食え。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
求めねて得ようとすれば、自然はそれを肯定していると同時に、あるがまま、なるがままにまかせた心で、安穏にしていたとて、何の咎めも与えないのだ。
日は輝けり (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
きをねて新しきを知る。この意味に於ても書画骨董の趣味は大切なものだよ」
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
わたくしはに保さんの住所をねることを外崎さんに頼んだ。保という名は、わたくしは始めて聞いたのではない。これより先、弘前から来た書状のに、こういうことを報じて来たのがあった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
』に曰く、「始めをね終わりにる。ゆえに死生の説を知る」
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
彼はただ婆さんに云われた通り、自分のような他人のような、長いような短かいような、出るような這入るようなものを、一生懸命に探し当てて、それを忘れないでさえているというまでであった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
平次はさり気なくねますが、この問いがいかに重要な意味を持っているか、八五郎——後ろの方に神妙に控えているの長いのが、急に分別顔になったのでもよくわかります。
高島の神島山を見に来れば磯まの浦にさはに鳴く
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
ミハイル、アウエリヤヌイチもやはり、しょっちゅう、アンドレイ、エヒミチを訪問ねてて、気晴をさせることが自分義務心得ている。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
丁度その夕方、ドクトル、ハバトフは毛皮外套に、長靴昨日何事かったようなで、アンドレイ、エヒミチをその宿訪問ねた。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
いつまでもよくらして、おたがいにわなければならん。
自分で困った百姓 (新字新仮名) / 小川未明(著)
には何日あるとか、六号室には面白予言者がいるそうなとかと、交々尋問ねるのであった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「あなたを探訪ねて来たのよ。」そして彼女は奉行所の役人だけが持っている大きな名札を見せた。
その縁起をぬるに、慶安の頃ほひ、山城国、京洛、祇園の精舎に近く、貴賤群集のに年経て住める茶舗美登利屋といふがあり。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その家にねて来る古い留学生や、新来の帰化僧などに尋ねることも、張文成などの新作の物語りの類を、問題にするようなのとも、亦違うていた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
幾人あるかとお質問ねに対しては、只今の所差し当り私一人で、弟子に林美雲というものがある位のもので、何んともお答えのしようもありませんが、しかし、今日、私一人であっても