“仲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なか95.8%
ちゅう1.2%
ちう0.6%
0.6%
なかつ0.6%
なけ0.6%
ナガ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いままで、小学校時代に、よくんだだちが、それぞれ学校へゆくのをると、うらやましく、おさんにはわれました。
子供はばかでなかった (新字新仮名) / 小川未明(著)
酒井雅楽頭の縁びきに、酒井っていう人がありやしてね、これが、道楽者でげす。学問は和漢にわたって、一通りでげすが、辰巳、吉原の方も詳しい。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先生は常州、水戸の産なり、そのみ、そのす。先生夙夜膝下戦々兢々たり。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
アカア良オくウアらんで
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
また飛騨では宿儺がそむいて、討ち殺された。天皇が死ぬと、その子の皇子が反逆をおこしている。
仙「は通りがゝりのものだが、見兼たから這入ったのだ、え町人を斬るのるのと仰しゃるが、弱えものを助けるのが本当のお侍だ」
藥鑵れダノゴト二人でよグむアネ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)