“ちゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チュウ
語句割合
24.8%
17.9%
17.9%
9.0%
6.0%
5.1%
3.4%
3.0%
2.1%
1.3%
1.3%
1.3%
0.9%
0.9%
0.9%
0.4%
中等0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
守護种0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何の御用か存じませぬが、あいにく今日、当家はかような取混。おかまいも出来ません。どうかまた他日でもお立ち寄りを」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
するどい声と共に、彼の体ととが、へ閃めいて、伸び上ったと思うと、水面に片羽を切られた燕が一羽、浮いて流れて行った。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
厳島合戦は、毛利元就が主君の為めに、陶晴賢をした事になっているが、秀吉の山崎合戦のように大義名分的なものではないのである。
厳島合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
赤、黒、黄褐色の凄まじいが天にし、艦体諸物の破片は四方に飛び散って高く天空に舞い上り、艦はたちまち右舷九度ばかりも傾斜した。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
このめようのよきこともさるためし多し。ふさがりたる処を知らずして、いかにをつくしてむとも、聞き用いざれば益なし
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
それに遠祖外戚までに及ぶのはなお煩を加えるだけだから、壇ノ浦合戦に見える人々だけにとどめ、かんたんなして次に掲げてみる。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
っと叫ぶ間もなく、轟然、地軸が裂けるかと思うばかりの大音響と共に、四郎の乗っている櫓は天にする真赤な火柱の中に包まれてしまった。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
ガラッ八の報告も、平次にを入れさせると、なんの奇怪味もありません。
王にいたって無道であったため、周の武王がこれを伐ち、天命をうけて天子となったが、その時、武王は天帝に誓っていわれた。——
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「ビールを一杯だって」と女が云った、「おらそんなこと聞いたこともねえ、のまちげえじゃねえのかえ」
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
その門前なる二のガス燈の昨夜よりも少しく暗きこと、往来のまん中に脱ぎ捨てたる草鞋の片足の、霜にきて堅くなりたること、路傍にすくすくと立ちべる枯れ柳の
夜行巡査 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(『因果経』に曰く、「一身死壊して、また一身を受け、生死無量なること、たとえば、天下の草木を尽くして、りて、もって数となすに、そのゆえに身を窮尽するあたわざるがごとし」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
克畏を読めば、あゝいなる上帝、を人にす、といえるより、其のきに当ってや、としてしくるべしとうも、中夜静かに思えば吾が天ならんや
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
其処へ宮本氏——医師——が見えて
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
執リテ矻々事ニ是レ従フト雖モ俗累ヲ内ニ掣シテ意ノ如クナラズ其間歳月無情テ人ヲ待タズ而シテ人生寿ヲクル能ク幾時ゾ今ニシテ好機若シ一度逸セバ真ニ是レ一生ノ恨事之ニ過グルナシ千思万考ニ我身ヲ衣食ノ煩累ト絶ツノ策ヲ画スルノ急要ナルヲ見又今日本邦所産ノ草木ヲ図説シテ以テ日新ノ教育ヲ
李三を捕ッつかまえる。もし李三が分らなかったら公沙汰にし、経略使のをあいてに訴訟するしかはありますまい」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……が、祖父はいぜん経略使の閣下につかえていた軍人で、後、浪人ぐらしがつづいたため、てまえもこんな身過ぎをいたしている始末でございまする
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
籒、、抽の三字は皆相通ずるのである。抽斎の手沢本には籒斎校正の篆印ど必ずしてある。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
孝に眼をあけているつもりでも、忠には盲目。そちの修業は片目とみゆる。いま玄徳さまは、帝室のたり、英才すぐれておわすのみか、民みなお慕い申しあげておる。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
花仙子阿槙ヲ携ヘテ来ル。狩野叔母氏及ビ水無児、須田満子等マタ会ス。細君隼生展婆トヲ司ル。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「おっと待て。きさまあ肉屋の主人じゃないか。関西五路の顔役とか何とかいわれて、こんな羽振りと繁昌を見ているのも、当地のご守護种若殿のおひきたてによるものとは思わんか。自分で切れ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蓮月尼の——鶯は都にいでて留守のまを梅ひとりこそ咲き匂ひけれ——も春の寂光をあざらかによくも詠んだものである。が、王朝の女性とくらべて大きな年代のへだたりが明らかに感じられる。
梅ちらほら (新字新仮名) / 吉川英治(著)
抽斎は平姓で、小字恒吉といった。人と成ったの名は全善道純、また子良である。そして道純を以て通称とした。その号抽斎の抽字は、に作った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
りといえども天明年間における田沼意次の執政に際しては、幕綱を解き、官紀れ、濁政民を悩ます。加うるに浅間岳の大噴火、諸国大風雨、大飢饉を以てし、庶民生をんぜず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
生まれてからまだ二十日ばかりの子山羊を、昼間川上へつれていって、こんを追っかけているうち、つい忘れてきてしまったのだ。しまった。
(新字新仮名) / 新美南吉(著)