青べか物語あおべかものがたり
浦粕町は根戸川のもっとも下流にある漁師町で、貝と海苔と釣場とで知られていた。町はさして大きくはないが、貝の缶詰工場と、貝殻を焼いて石灰を作る工場と、冬から春にかけて無数にできる海苔干し場と、そして、魚 …
作品に特徴的な語句
たが どんぶり いそ 沢庵たくあん 布子ぬのこ 胡麻塩ごましお 譴責けんせき なまず 秩父ちちぶ もも 膏薬こうやく 釣竿つりざお すぎ 紺絣こんがすり 土堤どて 訊問じんもん 度胆どぎも 整頓せいとん 立竦たちすく 洗濯せんたく 苗字みょうじ 木挽町こびきちょう 雑魚ざこ 投網とあみ とら 日蔭ひかげ 海苔のり 貪欲どんよく 干物ひもの 喘息ぜんそく 天秤棒てんびんぼう 窓硝子まどガラス 素朴そぼく 煩瑣はんさ びた 拳骨げんこつ 引緊ひきしま 窓際まどぎわ 肝煎きもい かんざし すずき くわ 張子はりこ 葛西かさい 闇夜やみよ 仲人なこうど 鼻唄はなうた 焼酎しょうちゅう 干潟ひがた 無慚むざん 麦藁帽むぎわらぼう 風貌ふうぼう 嗅覚きゅうかく しつこ 毛唐けとう 立塞たちふさ 湯呑ゆのみ 宵闇よいやみ 貝殻かいがら 比喩ひゆ しお 虐待ぎゃくたい 誹謗ひぼう 干支えと 莨入たばこいれ 見廻みまわ 太息といき りん 玉葱たまねぎ 百舌鳥もず ささ あし えび 鉢巻はちまき 瞳孔どうこう 佃煮つくだに 産褥さんじょく 電燈でんとう 唐変木とうへんぼく 泥棒どろぼう 茶箪笥ちゃだんす 依怙地えこじ 亀戸かめいど あじ 蜃気楼しんきろう 魚籠びく 坊主ぼうず 下唇したくちびる 太腿ふともも 賭場とば くじら 立停たちどま 危篤きとく 赭土あかつち 不恰好ぶかっこう 全貌ぜんぼう さけ
題名が同じ作品
青べか物語 (新字新仮名)山本周五郎 (著)