青べか物語あおべかものがたり
浦粕町は根戸川のもっとも下流にある漁師町で、貝と海苔と釣場とで知られていた。町はさして大きくはないが、貝の缶詰工場と、貝殻を焼いて石灰を作る工場と、冬から春にかけて無数にできる海苔干し場と、そして、魚釣りに来る客のための釣舟屋と、ごったくや …
作品に特徴的な語句
ちょう しみ しま 使つけ はん ばや はにか ほっ づら ぎら ちけ こう ふけ 有難ありがと 木槌さいづち くびす 夜更よふか 夜半よわ ざら ぱや かご 端切はぎれ さす 脈搏みゃくう がに 有難ありがて じま おんな 大皿おおざら 大人たいじん のん こび きら がまち 退 逢曳あいび しつこ むね 嘲笑ちょうしょう 棟割むねわ だれ しゃく へん うわさ 小柄こがら 唖者あしゃ ほう はり あか こす ほと かまど 穿うが 空洞くうどう 肝煎きもい ひま 河岸がし けえ つら さら うま ろう まる うさぎ 白堊しろつち むじつ たぐ ひさし つら つか 瘡痕そうこん
題名が同じ作品
青べか物語 (新字新仮名)山本周五郎 (著)