“大人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとな76.8%
たいじん10.7%
うし6.3%
おとなし1.3%
だいじん0.8%
をとな0.8%
おおひと0.3%
オホビト0.3%
おおびと0.3%
おと0.3%
おとっさん0.3%
ひじり0.3%
ませ0.3%
オトナ0.3%
サヒーブ0.3%
タアシン0.3%
タイジン0.3%
ミコト0.3%
モンセニュウル0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あのるのは、かわいそうだ。」といって、大人たちにかって、同意め、このることに反対したでありましょう。
町はずれの空き地 (新字新仮名) / 小川未明(著)
大人手足となって才子が活動し、才子の股肱となって昧者が活動し、昧者の心腹となって牛馬が活動し得るのはこれがためである。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
けれども是は批評をするのだと、馬琴大人に甚だ以て相済ぬ、唯ね、どうもネ。彼の人は意地の悪いネヂケた爺さんのやうだからさ。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
全くね、間はああ云ふ不断の大人い人だから、つまらない喧嘩なぞを為る気遣はなし、何でもそれに違は無いのさ。それだから猶更気の毒で、何ともひやうが無い
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
マグロアールは彼を好んで大人様と呼んだ。ある日彼は椅子から立ち上がって、一冊の書物をさがしに図書室に行った。その書物は上方の書棚にあった。
娘の子のも円く踊子の様にいたので無くて、大人の女の服装と同じく日本の衣物の様に細く狭く直立したのが流行つて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
天狗をグヒンというに至った原因もまだ不明だが、地方によってはこれを山の神といい、または大人・山人ともいって、山男と同一視するところもある。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
此部下は、人形の形をとつた。巨人の像で示されたのである。譬へば、日向岩川八幡の大人弥五郎の様なものが出来た。さうして、此が八幡神の行列には必、伴神として加はつた。
はすなわち大人で、その首長であることを示し、造はすなわち御奴で、これを統率して天皇に仕え奉る臣隷であることを示している。そしてその部下のものは、実に間人階級にいたものであった。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
弁償いたしますと大人なしく出て、すご/\と大阪へ戻って来ると丁度その日は婚礼料理の註文があって目出度い/\と立ち騒いでいる家へ料理を運び
放浪 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
君の家は江戸ではないか、大人は開業医と開いたが、君の家に食客に置てれる事は出来まいか。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
夫れ大人を立つる、必ず時に随ふ。も民に有らば、何ぞ聖造はむ。山林披払宮室経営りて、みて宝位に臨み、以て元元を鎮むべし。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
一緒にその大人た陋しい、眼の大きく額の白い子供の顔がさも恨めしさうにほろほろ泣いてゐる。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
・分けた髪もだまりがちな大人となつてくれたか
其中日記:07 (七) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
それは、ジェソップ氏に対しても決して大人とは云わないこと、印度人が、自らを卑くして駱駝のように膝を折る、あれがチャンドの雰囲気にはないのだ。
一週一夜物語 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
長い見物の経験の悪癖は、この二人の歌舞妓の大人を、大人とは思ひながら小柄に見えて為方のなかつたものである。さうした成長を貪り望む目にふと映じた姿である。吉右衛門の為に祝ひたい。
手習鑑評判記 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
布留大人は、嫋女眩惑によりて、馬じもの縄とりつけ、じもの弓矢みて、大君の御令畏み、天離鄙辺る。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
大人、今年の御趣向はもはや御決定になりましたか。ひとつ御披露願いたいもので。〽ナニ、天機もらすべからずサ。実物を見たまえ実物を見たまえ。