地獄風景じごくふうけい
M県の南部にY市という古風で陰気な、忘れ果てられた様な都会がある。商工業が盛んな訳ではなく、といって、交通の要路に当る訳でもなく、ただ、旧幕時代の城下町であった為に人口が多く、漸く市の形を為しているに過ぎないのだ。 その眠った様なY市の郊外 …
作品に特徴的な語句
大人だいにん 上下じょうか きっ しい だて うつ 打開うちあけ 何人なにびと かたわ まぬが がく ただち きり うえ 引掻ひっかき わが 扇形せんけい じょう なまめ きれ おぼえ こまか かご おろか あが はり あるい 腫物しゅもつ かん やっこ くう おち さい きわ 捕繩ほじょう 見張みはっ しゃ 途絶とぜつ ぜん むこう ばしら かえっ めし いか あわただ のち 締切しめき わざ めぐ かか すで 差支さしつか たくみ たま ろう うなず おび すくな 打倒うちたお 突如とつじょ 大鯨おおくじら つか そと ころも 見紛みまご 見覚みおぼえ おぼ 白刄はくじん ばか しば うたがい 右端みぎはし ついや ほがら 木島きしま 申出もうしいで 気兼きが たが すべ ましら ども うさぎ わずか ひとり 此方こなた 殊更ことさ 仮令たとえ 比類ひるい 一言いちごん うお かみ