“猿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さる62.3%
ましら24.2%
えて6.0%
ざる4.2%
えてきち0.5%
えん0.5%
なに0.5%
やえん0.5%
ジャップ0.5%
トーロ0.5%
モンキー0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自動車のタイヤのやうな円い浮袋もあれば、8の字のや、また、鵞鳥などの首のついた、乗つて泳げる浮袋などもあります。
プールと犬 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
銅鑼が鳴ってから一件の背広を届けに、兄が、母の表現を借りると、スルスルとのように、人波をかきわけ登ってきてくれました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
与次郎の飼つてゐるきちが、お初徳兵衛の祝言をするやうなめでたい事はあまり知らなかつたので、みんな手を拍つて感心した。
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
般若の面の男 見よう見真似の、から踊りで、はい、一向にこれ、れませぬものだでな、ちょっくらばかり面をつけて見ます了見
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そして口に残つた核子は一頻りしやぶり通した後で、のやうな口もとをして床の上に吐き出して素知らぬ顔をしてゐた。
の字をあてているが、淵猴とも書くことがある。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ね、洋服で片膝立てたのは変なものね、親仁様、自分で名告った天狗より、桃を持たしたい、かに見えた事。
其れには金箔を置たと龍の彫刻がございまして、実に立派な物であつたが、慶応四年の戦に一燼の灰となつてしまつた、黒門を入りまして、左の方が東照宮の御宮入口に門が有つて
下谷練塀小路 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
「どうだ、黄色い顔をしため、口惜しいだろうがッ。」
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
「さあさあ、出てけ出てけ。君みたいな芸なしに稼がれてちゃ、沽券に係わるよ。さあ、出ろ!」
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ルイ朝式の服を着たマダムがポケットを抱え人に揺られながら、アルジェリアの服装をした楽師風の男と猿の病気の話をしている。
オペラの辻 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)