“さる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
54.2%
27.3%
6.4%
4.8%
沙流2.4%
0.8%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
佐留0.4%
沙留0.4%
0.4%
猨狙0.4%
猿猴0.4%
獼猴0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついてしがある。(どのの夜寒ひゆくかな)で、水上さんも、も、場所はちがふが、兩方とも交代夜番のせこにてゐる。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
将軍家がこういう手続きをする前に、熊本花畑のでは忠利の病がかになって、とうとう三月十七日の刻に五十六歳でくなった。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
下女詮方なさにその火を羊の脊に置くと羊熱くなりて狂い廻り、村に火を付け人多く殺し山へ延焼して山中の五百疋ことごとく死んだ。
夏狂言評好く拙作の所作事勤候處、先づ勤めてのき候故、去顏見せには三座より抱へに參候仕合故、まづ役者にはなりすまし申候。」
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
日高の沙流地方でも昔はそれがあり、それを“アイヌ・ペウレㇷ゚”(aynu-pewrep 人間である熊の子)
私の主人が長年のいでございまして、主人と申しますのは、藩中でも人に知られた武士でございましたが、得体の知れない病になり、禄を辞退して此の森陰に隠れてから
人面瘡物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「窓の戸が少し開いて居りました。格子が無いので、不用心だからと、をおろした上に、心張まであるのですが、それが、見えなくなつて居ります」
そこで、翌る日は、林三郎殺しの疑ひを受けさうな左母次郎を江の島へ追ひやり、晝のうちから心張棒を隱し、窓の戸の敷居のの落ちる穴に豆を入れて置いて、夜中にそつと忍び込んだのだ
掘出されし由をまはりたり扨々浦山敷事なり何卒其古金の内を少々拙者配分致し賜れと云ふに兵助はと思へど然有風情にて貴殿にはことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
頼みに大膽なることを致され申さんや此所能々御推察下さるべしと申しければ主税之助は蹴立扨々く云ひぬかす女めより外に此手引をする者なしに因て汝を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ってあるしい宿命が、今宵いて、てた命數を、非業無慚最期によって、たうとするのではないからぬ。
はいでをられうか? 先祖やを玩具にはしはすまいか? 手傷だらけのチッバルトをみどろの墓衣から引出しゃせぬか? 狂氣り、えた親族取上
ロレ まゝ、らしめ。(藥瓶を渡し)さらば、しう覺悟して、首尾よう爲遂げさッしゃれ。はまた法師に、殿御への書面たせ、いでマンチュアまでりませう。
しかるに『続紀』に見えた柿本朝臣佐留、歌集の猿丸太夫、って上杉謙信の幼名猿松、前田利常の幼名お猿などあるは上世これを族霊とする家族が多かった遺風であろう。
昨今は既に製紙や枕木のために散々にり荒されたから事情も一変したが、以前はこの辺から大井の川上にかけては、山人に取っての日高の沙留ともいうべく、最も豊富なる我々の資料を蔵していた。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
北には身延嶽天をいただき、南には鷹取雲につづき、東には天子嶽日とたけをなじ、西には又、峨々として大山つづきて白根にわたれり。のなくに響き、蝉のさえづり地にみてり。
猨狙に周公の服を着せれば、驚いて引裂き棄てるに決っている。云々…………子路を孔門の徒と知っての言葉であることは明らかだ。老人はまた言う。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
さて木から落ちた猿猴の身というものは意久地の無い者で、腕は真陰流に固ッていても鋤鍬は使えず、口は左様らばと重く成ッていて見れば急にはヘイのも出されず
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
今の汝をそれに比べば獼猴の如くに劣りなんと答ふるに、天神はまた栴檀の木の頭尾知れざるものをして、いづれのの根のかたにていづれの樹梢の方ぞ、く答へよ、と問ひりぬ。
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)