“さん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サン
語句割合
14.9%
10.9%
10.1%
9.2%
6.4%
5.7%
5.2%
5.0%
4.2%
3.9%
3.7%
3.1%
2.4%
1.7%
1.7%
1.3%
1.1%
0.9%
0.9%
0.7%
0.7%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
美人0.2%
0.2%
0.2%
一餐0.2%
前様0.2%
神社0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
衫衣0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また掛け合いになる。——黙って聴け。痣の熊吉は雨戸を外したり、を切り取ったり、かなり器用なことをして忍び込むようだ。
銭形平次捕物控:124 唖娘 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「あれ、あの煌々とみゆる将星が、予の宿星である。いま滅前の一をまたたいている。見よ、見よ、やがて落ちるであろう……」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さう? でもぢや小供がないから、夫程でもなくつてよ」とへた御米ました刷毛つてとん/\とんとした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
『え。渡辺といふお友達の家に参りましたが、その方の兄さんとお親い方だとかで……アノ、とお目に懸つたんで御座います。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
例の太刀のごとくそっくりかえった「朝日」を厚いの間にえながら、あの角張った顔をほど自分の方へ向けて
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
側面攻撃に出た曹軍の夏侯惇曹洪の両大将は、急に、軍を転回するいとまもなく、さんざんに討ちなされて潰乱また潰乱のを呈した。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
石疊穿下した合目には、のあたりにするとかいふ甲良黄色で、い、さなのが數限なくつていてる。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
沈丁花の花のしたのをお風呂へ入れてあげるから入りなさい。そりゃいいいで気がじるから。」母は話さなかったが
桃のある風景 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
されば、有馬街道から西の野末でございました。ひるの合戦に、そこらは馬のかばねやら兵のむくろがをみだしておりまする。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
智深は、その人をに迎え、名乗りあってから、一じた。を知り、道は道に通ずとか。二人はたちどころに、肝胆相照らして
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
折角御親切でおますが、いったんおししょうと、ってじましたこの、また拝借させてくとしましても、今夜はおします
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
四国阿波の国第一の峻峰、つるぎから一羽の角鷹が、バタバタバタと翼を鳴らして斜めに飛び、やがて、模糊としたの底へ沈んで行った。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この一枚もかくの如くしてまた書き塞げてしもうたので、例の通りを加えた。その歌は、おだまきの花には
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
原口、いはれあり、ぬる八日大雨暗夜、十ぎて春鴻子る、よりづるに、しくりて、なる大瀧しかりきと。
逗子だより (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
黒犬の絵にしてんだ句である。闇夜に吠える黒犬は、自分が吠えているのか、闇夜の宇宙が吠えているのか、主客の認識実体が解らない。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
おかん 尻つ尾をふつて來るどころか、あたしなんぞはこんな家へ來て、女房の役からおどんの役まで勤めてゐるんぢやあないか。それでも可愛くないのかよ。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
一人住居の相手なしに毎日毎夜さびしくつて暮して居るなれば手すきの時には遊びにも來て下され、私は此樣ながら/\した氣なれば吉ちやんの樣な暴れが大好き
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「いろいろですね。金銀、ニッケルやコバルトなどの化合物、そしてやアルカリです」
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
仙人は流霞し、朝沆を吸う。詩人の食物は想像である。美くしき想像にるためには余裕がなくてはならぬ。美くしき想像を実現するためには財産がなくてはならぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
たる蕾の姿は霰や餅米のやうに小粒で美しい、どこか庭のすみの方に二三株、目立たぬほどに植ゑて置く心がけをめるくらゐで、ぢみな花である。
冬の庭 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
〔評〕南洲城山にる。官軍ゑて之を守る。山縣中將書を南洲に寄せて兩軍殺傷極言す。南洲其の書を見て曰ふ、我れ山縣にかずと、斷然死にけり。
玉涙、として、頬をながれ、嗚咽する朝臣の声とともに、しばしそこは雨しげき暮秋の池のようであった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大阪の路地にはたいてい石地蔵がられていて、毎年八月の末に地蔵の年中行事が行われたが、お君の住んでいる地蔵路地は名前からして、他所の行事に負けられなかった。
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
古典的本文の前後の文章、又は同じ著者乃至同じ原本の異った多くの本文の間の、矛盾の除が、所謂内在的批評であるかのように見られているのが事実である。
イデオロギーの論理学 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)
僕は新しいを着け、そうして新しいを穿いて、懐中に短刀——鎧通さ、兼定鍛えの業物だ、そいつを呑んで轎に乗った。
鴉片を喫む美少年 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
千々岩も悪い、悪いがそこをねエ若旦那。こんな事がざたになって見ると、千々岩の立身もこれぎりになりますから。ねエ若旦那
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
帷幄して、蝶貝蒔繪中指艷々しい圓髷をさしせていたによれば——のほかにほ、は、のさきで、ちびりと醤油鰹節へてもいゝ、料亭持出し)
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
職業、一。——俳優、二——。以上の内、未婚の婦人は二人。……ガイタンヌ・ド・グウマンヴィル、スュジイ・リセット嬢。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
四面高くして中央平坦、ここに家宅を構えるものは、富貴延命六、加増されて名誉の達人起こり、君には忠、親には孝、他に類少なき上相となす——家相にピッタリとはまっております。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
へたり光景
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
慌てて抱き止めようとする西村さんを突き飛ばすと、踊りを止めてボンヤリ突立っているハイカラ美人に、ヨロヨロとよろめきかかった。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それを西村さんが一生懸命に引き離して、ハイカラ美人の手を取りながら、自動車に乗ってドンドン逃げて行った。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それからその死骸を丸裸体にして肢体を整え、香華神符を焼き、屍鬼い去った呉青秀は、やがて紙をべ、丹青を按配しつつ、畢生の心血を注いで極彩色の写生を始めた
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
呉青秀はその中を踏みわけて、自分のに来て見るには見たものの、サテどうしていいかわからない。妻の姿はおろかの影さえ動かず。錦繍帳裡枯葉ず。珊瑚枕頭呼べども応えずだ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
便りにし廻る中大井川の彼方なる岡の方に何やら犬のて爭ひ居しゆゑ立寄しに犬は其品を置て一行しまゝ右の品を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見渡すに夜中の事ゆゑ夫なりと目當は知ねど女の聲ヤヨ人殺し/\助け給へと叫ぶにぞこそ惡漢御參んなれと猶一馳着て用意の延棒を追取直してこみて女房をたる惡漢どもを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
忽ち舊誼の絲に手繰り寄せられて、一餐の惠に頭を垂れ、再びのカムパニアの孤となるも我なり。恩人夫婦はわが昔の罪をして我を食卓にらしめ、我を遊山に伴はんとす。慈愛に非ざらんや。
前様は何しに来たのだ。問われて醜顔き巌丈男の声ばかり悪優しく。「へいへい、お邪魔様申します。ちとお見舞罷出たんで。「知己のお方かね。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もう嫌味たっぷりに、——高津神社境内にある安井稲荷は安井さん(安い産)といって、お産の神さんだのに、この子の母親は安井さんのすぐ傍で生みながら、産の病で死んでしまったとは
アド・バルーン (新字新仮名) / 織田作之助(著)
道衍の一生を考うるに、けてを成さしめし所以のもの、栄名厚利のにあらざるがし。名利の為にせずんば、何をんでか、紅血を民人に流さしめて、白帽を藩王にかしめしぞ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
嘿斎、すべて祭礼に用ふる傘矛といへる物は羽葆葢の字をり、所謂にして(きぬかさとよむ)神輿鳳輦るべき錦蓋也といへり。ありしが長ければく。
徒歩で走り出す者、馬上へとび乗る者、列なくなく、わっと、またどっと、主人のあとを追って一斉に発した。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
懷中に入れし事なれば若し見咎られては大變と早々迯出す向ふより火附盜賊改め役奧田主膳殿の與力同心を二三十人連て此處へ來らるゝ故喜八は夫と見るより一駈拔んとしけるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ある記事には、隠者の窟に年老いた隠者が繩の帯をしめて、旅客に食をし、酒を飲ませるところなどが書いてある。
ヴエスヴイオ山 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)