“まゐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マヰ
語句割合
42.9%
33.9%
17.9%
2.7%
参詣0.9%
参上0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さまとならではおにもかじ、觀音さまのおりもいやよ、芝居花見さまならではと一トもとのかげにくれて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
小生、今朝ふと応接室へり候所、この影のき少女、のテエブルの上へのしかかり、熱心に「けふの自習課題」を読み居り候。
伊東から (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
元日神代のことも思はるゝ」と守武発句を見まして、演題を、七福神りとつけましたので御座ります。
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
釋尊、八幡のうまれ替りとや申さん。日蓮は凡夫なればず。、日蓮がらせし。さこそ父母給覽。誠に御祝として、餅、酒、鳥目貫文送給候畢
浪花座で『忠臣蔵』をつてゐる鴈治郎なども、お道行のやうな濡事を実地があつたら一度青蓮寺に参詣つたがよからう。
毎月二十五日には北野の天神へ怠らず参詣つてゐたが、或日雨の降るなかを弟子が訪ねてくと、五雲は仰向に寝て、両手を組んで枕に当てがひ、両足をあげて地面を踏むやうな真似をしてゐる。
十兵衞脆くも梟と常〻悪口受くる銅鈴眼涙を浮めて、、唯、唯ありがたうござりまする、思ひ詰めて参上りました、その五重の塔を、斯様いふ野郎でござります、御覧の通り
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
お前は何かてえと、おお酒ツてお謂ひだけれども、私が幾らむもんじやない。二けア大概ツて了ふんだかや、月に積ツたツて幾らがものでもありやしないよ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)