“今朝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けさ88.1%
こんちょう8.4%
こんてう1.4%
ケサ1.1%
いまあさ0.3%
あさ0.3%
いまちょう0.3%
こんど0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨夜もすがらりて、今朝れよりはなけにし、でつけて着物もみづからりしを取出
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「ご快気の由、めでたい。今朝、出陣と聞しめされ、天機もことのほかおしく拝された。尊氏の首をみる御殊勲の日をお待ち申すぞ」
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其許何時江戸へ參られしやとに彦三郎は今朝福井町へに承まはりし只今爰許へ參りしと申ゆゑ彌々合點行ず段々樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
今朝朝目がよかつたから」「何と言ふ情ない朝目でせう」などゝ、そは/\と興奮したり、むやみに塞ぎこんだりして居るのを、見聞きしてゐた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
戦前からやっていた、今朝の新橋の店は、やっている。ここのは、関西風ではなく、ワリシタで食わせるので、牛鍋気分である。
牛鍋からすき焼へ (新字新仮名) / 古川緑波(著)
態々斯うして来るには何か訳のあることであろう、今朝勝五郎に見付けられた一件もあるから、こりゃ晩まで待っていられない事が出来たのだな、と察しましたので
現に、今松の兄弟子の今朝には、こんな話がある。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
今朝朝廷で女を選んで後宮に入れるということでございますから、もしそんなことにでもなると、困りますから、式はまだあげませんから、急にお嬢様をお伴れ申しました
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)