“こんど”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
今度80.3%
此度18.1%
今回0.5%
今夜0.5%
今朝0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さあ、今度は、よくていてください。」と、はいって、二、三、四、というふうに、一ぴきずつたいをしました。
女の魚売り (新字新仮名) / 小川未明(著)
ロミオ なう、ってさるな。此度は、此方へば、彼方でもひ、此方へば、彼方でもふ。以前のはさうでかった。
四月末に帰国、九月に上京、そして今回の事件が起った。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
今夜帰つて来たのは、妻の父が死んだので、それで国に置いた妻子に逢つたり何かするために帰つて来たのだが、その江界からは、国のH市まで半月の月日を要するのであつた。
初冬の記事 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
今朝朝廷で女を選んで後宮に入れるということでございますから、もしそんなことにでもなると、困りますから、式はまだあげませんから、急にお嬢様をお伴れ申しました
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)