“叱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しか73.2%
13.4%
しっ8.8%
しつ2.1%
しかり0.9%
しッ0.4%
いじ0.2%
こごと0.2%
しツ0.2%
0.2%
ちか0.2%
シカ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「困ったねえ、えらい人が来るんだよ。られるといけないからもう帰らうか。」私がひましたら慶次郎は少し怒って答へました。
二人の役人 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
っ……。野暮、そんな大きい声をするもんじゃありません。私が、おまえをどんな気持で眼にかけているか、よくご存じだろう」
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その一隊が三人の前まで来た時、手を左右に振りながら、警戒するように『!』と云った。近寄るなとでも云っているようであった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
!……これ丑滿時へ。ひとりひはものじみると、でたしなんでをすくめる。と、またしんとなる。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「歸りませうよ、八丁堀の旦那衆のおは覺悟の前で、——百足屋の主人を斬つた泥棒はつかまらなかつたといふ事にして」
「畜生、……畜生。」と揮廻すのが棄鞭で、把手にしがみついて、さすがの悪垂真俯向けになって邸町へ敗走に及ぶのを、斑犬は波を打ってと追った。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
アハハハと笑えばお吉も笑いながら、そうしたらまた不潔不潔と厳しくおめなさるか知れぬ、と互いに二ツ三ツ冗話しして後、お吉少しく改まり、清吉はておりまするか
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
先生におましたの——其れから学校を卒業する、貴女は菅原様つしやる、他の人々れ方向をおになるのを見て
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
じつに、わが国は伊太利軍には一度も敗れたことはないのである。その歴史的信念を忘れ、決戦に怯気だった、軍主脳部こそは千をうけねばならぬ。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
彌右衞門め腹ア立って、彼奴は化物だんべえから熊と一緒に撃つべえと云うだ、そんだから己アでまたおにおっられるとんねえだから、一走り往って喜右衞門どんに聞いてべえと云って
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
のろふがさうした分化を遂げるには、る・るなどの悪し様に言ふと言つた用語例が助けてゐる事であらう。