“しつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シツ
語句割合
36.8%
15.9%
15.6%
5.3%
4.1%
3.5%
3.5%
2.1%
2.1%
1.8%
執拗1.8%
1.2%
疥癬0.9%
仕付0.9%
0.6%
湿0.6%
0.6%
0.6%
仕着0.3%
志都0.3%
0.3%
湿瘡0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るに形躯変幻し、依附し、り雨湿うの、月落ち横たわるのいて声あり。其のえどもることなし。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
無知蒙昧な者ならそれへ、石でもでも投げられるかもしれないが、武士の家に生れて、童学からその教養にけられて来た者には——
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いやいやそうでない、よくご存知の筈である。こいようだが念のため、もういちど承りたい。あなたのご姓名は、何といいましたかな」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
う云ふ時に代助は、内側外側が、なつた切りみ細工で出来上つてゐるとしか感じ得られないになつてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
地面に半分ばかり入つてゐるかりした食ひ込みの剛直さは、まはり六七尺もある老杉と釣合うて何ともいはれず美事だつた。
京洛日記 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
! 静かに!」君香は四辺を素早く見廻はし乍ら云つた。「一寸、出ていらつしやい! 大変な事なのよ!」
けばこのはかつて壯丁多數出漁中して全村灰燼したことがあるさうで、これにみて其後女子消防隊をも編成
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
だが父樣はどうして靜夫樣と御知りなすつたのだろふ、て居て、知ている所か私柄と、いやまて思は思をで心經の高ぶつて居今、何事も胸にと
うづみ火 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
節句の日暮かっきりに、別の雛段をらえて飾り立てる事だったのである。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その後当分の間、邯鄲の都では、画家は絵筆をし、楽人はを断ち、工匠規矩を手にするのをじたということである。(昭和十七年十二月)
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
「うむ、執拗っこい奴等だな、御蔵前で見ん事、いてやったと思ったに、しけて来やあがったのか」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
もしさう云つて身を投げ伏せて来たら、両手でかり女を抱いてやらうとも思つた。女はたうとう仕度をしてしまつた。待つた詞が女の口からもれさうにもない。
計画 (新字旧仮名) / 平出修(著)
鼻たらしや、疥癬頭、指をくわえてぼんやり見あげていたのを、せんぶりの千太が顎の下へ手をかけて、まじまじと覗きこむ。
顎十郎捕物帳:10 野伏大名 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
するとではあるが、川の方へ「なだれ」になっているところ一体に仕付けてあるそのに下の方の低いところで、いずれも十三四という女の児が
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
相当にこい性質である。だが、感情に激しているような語気ではない、極めて静かなのだ。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やのお出額のやうなが万一来ようなら、さま追出して家へは入れてらないや、己らは痘痕湿つかきは大嫌ひと力を入れるに、主人の女は吹出して、それでも正さん宜く私が店へ来て下さるの
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
煎餅やのお福のやうな痘痕づらや、薪やのお出額のやうなが萬一來ようなら、直さま追出して家へは入れて遣らないや、己らは痘痕つかきは大嫌ひと力を入れるに、主人の女は吹出して
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一箇月以來胃腸にを得、可食の雜草からは遠ざかつてゐる。
すかんぽ (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
二人は気忙しそうに、仕着け糸をりはじめた。母親はその中で、紋を一つ一つしては見ていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
まだ仕立てたばかりで、仕着けも取らない夏帯のことなどを、病人は寝ていて気にしはじめた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
この天皇と大后と歌よみしたまへる六歌は、志都歌の歌ひ返し三二なり。
その女ホレイショの媚体は、孔雀の個性そのものであるせいか、曽ての寵妃中の寵妃——エーネ・ソレルの妖振りを凌ぐものと云われた。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
小石川富坂源覚寺にあるお閻魔様には蒟蒻をあげ、大久保百人町鬼王様には湿瘡のお礼に豆腐をあげる、向島弘福寺にある「媼様」には子供の百日咳を祈って煎豆えるとか聞いている。
搖上搖下され今にも逆卷に引れ那落まん計りなれば八地獄の樣もやとばかりろしなんどもかなり看々山の如き大浪は天神丸の胴腹へ打付たればやさしも堅固らへし天神丸も忽地巖石に打付られ微塵け失たり氣早き吉兵衞は此時早くも身構へして所持の品は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
子供らはく家のうちにえ入れ、危うき橋はすぐらえ置けよ——と大声にて触れつつ走れ
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南の御殿の西の離れ座敷に賀をお受けになる院のお席が作られたのである。屏風壁代の幕も皆新しい物でらわれた。形式をたいそうにせず院の御座に椅子は立てなかった。
源氏物語:34 若菜(上) (新字新仮名) / 紫式部(著)
文学の制作は一つの実証である、それは他人の制作した作品を品するのではなくて、自ら生活材料を整理して形を与える処の一つの実証的な探究である。
イデオロギー概論 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)