“大久保百人町”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおくぼひゃくにんまち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大久保百人町”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
家主も建て直したいというので、いよいよ三月なかばにここを立ち退いて、さらに現在の大久保百人町おおくぼひゃくにんまちに移転することになった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
小石川富坂こいしかわとみざか源覚寺げんかくじにあるお閻魔様えんまさまには蒟蒻こんにゃくをあげ、大久保百人町おおくぼひゃくにんまち鬼王様きおうさまには湿瘡しつのお礼に豆腐とうふをあげる