“大久保彦左衛門”の読み方と例文
読み方割合
おおくぼひこざえもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人が目をてても、耳をやかしても、冷評しても罵詈しても自分だけは拘泥せずにさっさと事を運んで行く。大久保彦左衛門登城した事がある。……
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大久保彦左衛門様おかかえ屋敷の横から鬼子母神へ出て、お参詣をすました。鬼子母神様は、内拝につどう講中の人でこんでいた。物売りなども出て、それはそれは大変なざわめきであった。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
大久保彦左衛門の講釈と間違えてやがる、ハイ御免」
黄金を浴びる女 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)