野分のわき
白井道也は文学者である。 八年前大学を卒業してから田舎の中学を二三箇所流して歩いた末、去年の春飄然と東京へ戻って来た。流すとは門附に用いる言葉で飄然とは徂徠に拘わらぬ意味とも取れる。道也の進退をかく形容するの適否は作者といえども受合わぬ。縺 …
作品に特徴的な語句
われ りっ よすが おも うずま たん まじわり おおい くれな きょく ちさ みず ぱし いにし こぼ のっ あや たわ 流行はやる おもわ こころ おもき なり はじ しょく ひら あい くさ じょ けん こう うし うま かい ねん 退しりぞ わらい しっ この 静心せいしん ひら たた うご いだ はん した ぷん だん 判然はっき かん うるおい おごそか 手拭ハンケチ ゆる かお ゆっ 御在おあ 大道たいどう 身振しな いそ 判然はんぜん すき しょく はらい いと けい まぬ はず なな とおざ かけ 出入しゅつにゅう いで ちがい せい ばく てい おおや