野分のわき
白井道也は文学者である。 八年前大学を卒業してから田舎の中学を二三箇所流して歩いた末、去年の春飄然と東京へ戻って来た。流すとは門附に用いる言葉で飄然とは徂徠に拘わらぬ意味とも取れる。道也の進退をかく形 …
作品に特徴的な語句
野分のわき 越後えちご 長火鉢ながひばち 見馴みな 嫌疑けんぎ 素足すあし 断乎だんこ 人足にんそく 胡麻塩ごましお 生意気なまいき 芝生しばふ 銅鑼どら 波瀾はらん 神楽坂かぐらざか 掻巻かいまき 梶棒かじぼう 山羊やぎ 十重二十重とえはたえ 臆測おくそく 布団ふとん 白木しらき 護謨ゴム 半襟はんえり 牢屋ろうや 淋漓りんり 唐草からくさ 標榜ひょうぼう 満腔まんこう 三度みたび 手柄てがら 友禅ゆうぜん 拳骨げんこつ 初手しょて 石膏せっこう 頭蓋骨ずがいこつ 思案しあん 馬士まご 咳払せきばらい 御蔭おかげ 博多はかた 退治たいじ 宛名あてな まぐさ 逗子ずし 醗酵はっこう 編輯へんしゅう 非業ひごう 硝子窓ガラスまど 愛宕山あたごやま 紙鳶たこ 両人ふたり 秩父ちちぶ 寒気かんき 陋劣ろうれつ 駝鳥だちょう 齷齪あくせく 甲羅こうら 五日いつか 友誼ゆうぎ 吾々われわれ 床下ゆかした 見詰みつ 内所ないしょ 指頭しとう 堕落だらく 庭前ていぜん 晏如あんじょ 本望ほんもう もん 鎌倉かまくら 解脱げだつ 容喙ようかい 熱海あたみ 甲斐甲斐かいがい 花活はないけ 真平まっぴら へい 擯斥ひんせき ささ 紺屋こんや 鳴子なるこ 熟柿じゅくし 陶然とうぜん 夜着よぎ 火桶ひおけ 点綴てんてつ 纏綿てんめん 飄々ひょうひょう 剣呑けんのん 成敗せいばい 正鵠せいこく 遠退とおの 眺望ちょうぼう 色沢いろつや 逍遥しょうよう 束髪そくはつ 一分いちぶ 半白はんぱく 喀血かっけつ