“昔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むかし80.1%
むか13.7%
かみ3.1%
いにしえ1.1%
いにしへ0.6%
カミ0.6%
いにし0.3%
むかす0.3%
もと0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じゅうがそうであり、百が、そうであったにちがいない。そしてこの山々は、も、も、永久にだまっているのでした。
考えこじき (新字新仮名) / 小川未明(著)
し来た時とはまるで見当が違う。晩餐を済まして、湯にって、へ帰って茶を飲んでいると、小女が来てべよかとう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今日は赤坂八百勘にて、そのの同窓生が、忘年会の催しありとて、澄が方へも、かねてその案内あり。午後五時よりとの触れ込なれど。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
の国主の貴婦人、簾中のようにえられたのが名にしおう中の河内山裾なる虎杖の里に、寂しく山家住居をしているのですから。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
飛衞るものなり。紀昌といふもの、飛衞うてばんとす。く、きせざることをんで可言射
術三則 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
の神授の儘と信じられてゐる詞章を唱へ、精霊の記憶を喚び起す為に、常世神と其に対抗する精霊とに扮した神人が出て、呪言の通りを副演する。
だから耶蘇教徒は父のために存在している。儒者孔子のために生きている。孔子もえの人である。だから儒者は父のために生きている。……
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
美代子さんは、ちょうど十二でした。このごろは、いので学校んで、医者にかかっていました。けれどなかなかのように元気よく、くなおりませんでした。
千代紙の春 (新字新仮名) / 小川未明(著)