“學”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
まな53.6%
がく32.1%
もの7.1%
まなび7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『これが春枝。』と紹介せ、夫人つて、とがおなじびのであつた今回旅行次第
〔譯〕之を古訓へ、之を師友にすは、人皆之を知る。學必ず之を躬に學び、問必ず諸を心に問ふは、其れ幾人有らんか。
れは此樣無學漢だのにお出來るからね、ふの漢語かで冷語でもつたら、此方漢語かへしておくれ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あゝすべての詩人のまた光よ、願はくは長きと汝のを我に索めしめし大いなる愛とは空しからざれ 八二—八四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)