“天文學”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんもんがく50.0%
アストロノミー50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少年讀者は、天文學地理學地質學物理學應用によつて、わが地球球體きこと、平均密度が五・五なること、表面部分構造内部へられる高熱
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
今日の天文學は天體、即、星の學問であつて氣象學とは全然其分野を異にして居るにも拘らず、相當な教養ある人でさへ天文臺と氣象臺との區別の分らないことが屡々ある。
天文と俳句 (旧字旧仮名) / 寺田寅彦(著)