地震の話じしんのはなし
日本は地震國であり、又地震學の開け始めた國である。これは誤りのない事實であるけれども、もし日本は世界中で地震學が最も進んだ國であるなどといふならば、それは聊かうぬぼれの感がある。實際地震學の或方面では …
作品に特徴的な語句
近頃ちかごろ 石垣いしがき 石燈籠いしどうろう 井戸ゐど 其時そのとき 度毎たびごと くさび 近寄ちかよ 本郷ほんごう 章魚たこ 平家ひらや ひろ 繰返くりかへ 市街しがい のこ 建物たてもの 場合ばあひ 蒲鉾かまぼこ 同時どうじ 時刻じこく 海嘯かいしよう 一歩いつぽ 本文ほんもん 煙突えんとつ 身體からだ ひろ 左程さほど 實際じつさい おく 下町したまち 小石川こいしかは 熱海あたみ 鎌倉かまくら 現今げんこん 堅牢けんろう 用意ようい 心得こゝろえ 毎月まいげつ 見込みこ あぶら 其他そのた 其等それら みね 長靴ながぐつ 大雨たいう 人達ひとたち 偵察ていさつ 意識いしき 海岸かいがん 山間さんかん 煉瓦塀れんがべい くに あつ 四邊あたり 排斥はいせき おか 灰燼かいじん みだ 何等なんら 其上そのうへ 其夜そのよ 此頃このごろ みなと 瀬戸せと 疑問ぎもん 皆無かいむ 見捨みす よう 死人しにん 一家いつか 飛出とびだ 此等これら 居所ゐどころ 工場こうじよう 毛頭もうとう 烏有うゆう 警戒けいかい 後世こうせい 出掛でか 招聘しようへい 堆積たいせき 多分たぶん 氣持きも 電光でんこう つた つくゑ 屋根瓦やねがはら 入口いりぐち 官衙かんが 崖下がけした しめ 斥候せつこう 頑強がんきよう みちび 今迄いままで 以來いらい