“斥候”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せっこう65.2%
ものみ26.1%
せきこう4.3%
いぬ2.2%
せつこう2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
既に自分の職務さえ、辛うじて務めたほどのものが、何の余裕があって、敵情を探るなんて、探偵や、斥候の職分が兼ねられます。
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
荷田重吉がいう。村本と荷田は連れ立って、その煙の方へ行ってみます。あとの九人は、木の根と岩角とに腰をかけて、その斥候を待っています。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
るにてより斥候の用にてむためきたる犬の此時よくりければ、を真先に立たしめて予は大胆にも藪にれり。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
博徒三 宵でもあることかもう夜明け近いぞ、胡散臭い爺め。——八丁方の斥候だろう。
沓掛時次郎 三幕十場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
つの研究手懸りが出來たといふのは、地球表面くからつた斥候
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)