“手懸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てがか70.2%
てがかり14.9%
てがゝ6.4%
てが6.4%
てがけ2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから白山から原町、林町のをぐるぐる廻って歩いたがやはり何らの手懸りもない。その晩は疲労のため寝る事だけはよく寝た。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御存じの烈しいで、の立つ瀬はないですから、綱は二条染物をしんしにしたように隙間なく手懸が出来ている。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それでもおづるといふやうな證據いのかえ、手懸りはりさうなものだねとおふをして
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それが自分には言語成長の歴史を辿るべき、最初の手懸かりと信ぜられるからである。
ことに決着はなしたれども長八は一向手懸ざる事故何所へ頼んで娘を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)