薬草取やくそうとり
日光掩蔽地上清涼靉靆垂布如可承攬 其雨普等四方倶下流樹無量率土充洽 山川険谷幽邃所生卉木薬艸大小諸樹 「もし憚ながらお布施申しましょう。」 背後から呼ぶ優しい声に、医王山の半腹、樹木の鬱葱たる中を出でて、ふと夜の明けたように、空澄み、気清く …
作品に特徴的な語句
はえ おんぶ みい せめ なお こぼ 病気きいきい じれ すずし おっか 左右ひだりみぎ なんに 可恐おそろしい そら たっ おろ じき ばり まいり ひもじゅ つやや そっ かわり あわて たった ともし ちゃん わなな 背負おんぶ がわ はばかり じょう とおり とこ づれ そびら ただち 扮装いでた つつま ちいさ とな むずか 美女びじょ しまい ちっ 振舞ふるも ぞう かぶり 出入ではいり ちいさ 引掛ひっかけ いち 爺様じさま ことば 一睡ひとねむり よく 反対むこう うえ おおき つめた えい なく 前途むこう たなそこ いで やわらか 突懸つッか わかれ あまり 面相おもざし 莞爾にっこ おも とむらい 位置ありか ぼく きょう つる けん かさな およそ ゆら 往復ゆきかえり のど 出抜でぬ すぎ いいえ きか 扮装なり むこう 医者せんせい