“稚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おさな34.9%
わか14.1%
をさな14.1%
おさ12.8%
ちいさ5.4%
いとけな5.4%
ワカ3.4%
ちひさ2.7%
いと1.3%
いとけ1.3%
ちい1.3%
いはけな0.7%
いわけ0.7%
おさなき0.7%
0.7%
をさ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは俳句には限らぬが、総ての技芸について見ても、始めのい時は同一の団体に属して居るものはほぼ同一の径路をたどって行く。
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
不規則な池を人工的にえて、その周囲にい松だの躑躅だのを普通の約束通り配置した景色は平凡というよりむしろ卑俗であった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
同時に、まだ電灯が普及しない時分、かゝる薄暗い灯火の光をたよりに自分はい恋の小説を書き始めた昔の追憶に打沈められる。
海洋の旅 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
精神のみを以て事業を為し遂げ得べしと一に思いしな心の憐れさよ、某大事業家を見よ、彼は学校を起すにあたって広く世の賛成を仰ぎ
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
に奉公していたで、ことのほか惜しまれたということ、い時分から、親や兄に、口答え一つしたことのない素直な性質だということも話した。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
鼻のあたまに汗をかいて大正琴を弾いていたいふりはもう見られなかった。私には彼女が自分より年うえのような気さえした。
朴歯の下駄 (新字新仮名) / 小山清(著)
兄に対してある如く、弟に対してを用ゐて、次位の高級神女を示す風から見れば、弟にも多数と次位の一人とを使ひわけたのだ。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
い時から極く穩しい性質で、人にふといふ事が一度もなく、口惜しい時には物蔭に隱れて泣くぐらゐなもの、年頃になつてからは、村で一番老人達の氣に入つてるのが此お定で
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ずっと以前、私がまだけなかった頃のことで、もはや返らぬ夢と過ぎ去った少年の日のころ私は見も知らぬ場所へ初めてやって行くのがとても嬉しかったものだ。
彼が後宇多院に仕えていたころは、宮もまだおない皇子だったが、やがて妙法院へ入られ、叡山座主につかれた後も、歌の会などでは、しばしばお目にかかっていた。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
てはがお逝去になれば、貴様も知っての通り奥方もお逝去で、御順にまいれば若様をというのだが、まだ御幼年、取ってお四歳である、余りおさ過ぎる
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
まだ西も東も知らないい心でも、後々までも美しい夢のやうにかに、心のなかに取り入れ納めることが出來る物ではなからうか。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
でもない天子さまが、筑前山鹿とかにご滞在の際のことで、毎度この女は魚を売りに行って、陣屋々々の様子を見ていたと語ったそうである。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
真女児は、「我身より、人おおき所、は道の長手をあゆみては、必ず気のぼりてくるしきあれば、従駕にぞ出立ちはべらぬぞいとけれ」
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
十月経つと乃信姫君は因果のを産み落としたが、幸か不幸か死産であった。間もなく乃信姫も世を去られたがそれは自殺だということである。
善悪両面鼠小僧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
無意味な琴の音のなびた Sentiment は
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)