蛇性の婬 じゃせいのいん 雷峰怪蹟らいほうかいせき
紀の国の三輪が崎に大宅竹助と云うものがあって、海郎どもあまた養い、鰭の広物、狭き物を尽して漁り、家豊に暮していたが、三人の小供があって、上の男の子は、父に代って家を治め、次は女の子で大和の方へ嫁入し、三番目は又男の子で、それは豊雄と云って物 …
作品に特徴的な語句
あながち ようす おじ あす やや そこの おさなき せん よか うれた まどわ まど 他人あだしひと こぼ かれ おろち 女子むすめ くっ かがやき 将来なりゆき 男子おのこ うしろ 小婢じょちゅう ゆき 御心おんこころ もうで ちょう はく 辺鄙いなか 媽々にょうぼう ふう たい とばり なみ うけが おおがさ ひそか こう うれ かみ 子孫のち なまめ もと 下司しもづかさ ほとり かたづ 痴者ばかもの 何人たれ あまり なん つま 金銀こがねしろがね じぶん ほこ くゆ たや みおや うしろ みだら すなど はた くう 如何いかが にぎわ たわ くれない あや ともしび 金光きんこう 秀麗かおよき かね 神宝かんだから 商量しょうだん 知己しりあい 傀儡にんぎょう さが いかり あるい 雄黄ゆおう すけ 打被うちかず つの つくえ 薬舗くすりや とら しきがわら 一簇いっそう 丫鬟じょちゅう 計較たばか 黄昏ゆうぐれ まつ 散々ちりぢり