“奸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かん77.8%
よこしま5.6%
たわ5.6%
よこ5.6%
カン5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千里眼の方は益々流行を極め、「天下その真偽に惑い催眠術者の徒ちに跋扈を極め迷信を助長し暴利をり思想界をる」
千里眼その他 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
この十蔵が事は貴嬢も知りたもうまじ、かれの片目はなる妻が投げ付けし火箸の傷にてれ、間もなく妻は狂犬にかまれてせぬ。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「邪神は年経たるなり、かれがなる物にて、牛とみてはを生み、馬とあいては竜馬を生むといえり、このわせつるも、はた、そこの秀麗けたると見えたり」と云ってめた。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
しまの人々の陥穽に陥り、生きながら、怨念の鬼となり、冥府に下って、小やみもなく、修羅の炎に焼かれての、この苦しみ——おのれ、この怨み、やわか、晴らさで置こうや! 三郎兵衛
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
の名分を、君側ク、というところへ持ってゆくのは、いつのばあいでも、むほん人が世のていをつくろう口実ときまっている。はや一日とて、猶予あるべきではない」
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)