“奸智”の読み方と例文
読み方割合
かんち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この様な大悪事を(彼自身如何様に弁護しようとも)む程の彼ですから、生れつき所謂奸智けていたのでもありましょう。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
扨も内記殿は左仲が樣子佞辯奸智曲者と見て取り大いにまれけれ共一ト通り事をして見んと思はれ猶又左仲にひ其方儀家の支配を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
光秀の奸智ったのであろう。そうきざま、山門の壁に身をぶつけると、そのまま倒れて息絶えた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)