パノラマ島綺譚パノラマとうきだん
同じM県に住んでいる人でも、多くは気づかないでいるかも知れません。I湾が太平洋へ出ようとする、S郡の南端に、外の島々から飛び離れて、丁度緑色の饅頭をふせた様な、直径二里足らずの小島が浮んでいるのです。今では無人島にも等しく、附近の漁師共が時 …
作品に特徴的な語句
うなずか うつろ かた みず しょう おろ 向側むこうかわ とどま ひら さが さい いっ うずまき ひそか 手向てむか がっ たたかい ぎょう しゅう いず づら 新墓あらばか ひそ ひろま つらな もと 手強てご だま など おこな 思止おもいとま おびやか なまめ きっ とど あつま なつか 生死しょうじ 身内みのうち ころが 叩頭こうとう 最早もは ぜん 田地でんち 引懸ひきか 腹這はらんば 猶更なおさ たち こら 其様そのよう あるい きわ 突出とっしゅつ よこたわ こう 燭光しょくこう せな かたま あが しん 種々さまざま もぐ くう こまか かえりみ 塵芥じんかい きたな はじま ゆら こまや ただ もく がた ゆるや しょ こら 家兄かけい かぶと 草木そうもく 赤面あかづら 大船おおふな 嬰児えいじ 広野こうや 蒸汽じょうき またが 眼隈くまどり さら 行倒ゆきだお