“塵芥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちりあくた32.9%
ごみ29.3%
じんかい25.6%
ぢんかい6.1%
ほこり2.4%
ごみくた1.2%
じんあい1.2%
ゴミ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何故御前様にはやうの善からぬに択りて、折角の人にれし御身を塵芥の中に御捨被遊候や、残念に残念に存上まゐらせ候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
はこの想像が当っているかも知れない。妙子さんを運んだ塵芥車はすぐ近所の神社の境内に、空っぽにして捨ててあったのだ。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
河面一面にせり合い、押し合い氷塊は、一度に放りこまれた塵芥のように、うようよと流れて行った。ある日、それが、ぴたりと動かなくなった。
国境 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
仰有る通り後世にりて、後世は一々これが批判に任ぜざるからずとせば、なりたくなきは後世なるかな。後世は塵芥掃除の請負所の如くなるべし。
青眼白頭 (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
びんずる尊者の古い木像には、薄白く塵芥などが溜まってい、奥の薄暗い仏壇には、仏具が乏しく飾ってあり、香の煙りなども立っていた。ずいぶん古いお堂なので、の匂いなども鼻についた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「あそこには何も彼もある。おれが永い間考えとおしたふしぎな国がある。そこには一切が光でみたされているのだ。この沼のような暗みや水垢や塵芥があそこには一つもない。」
寂しき魚 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
正体の何といって説明のつかない品ばかりである。あるものはキラキラ光るれ硝子の寄集めのようである。あるものは褐色の塵芥の山のように見える。あるものはつまらぬ棒切れのように見えた。
厄日あとさきの雲のゆききの、塵芥をたくけむり
其中日記:08 (八) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)