あさひの鎧あさひのよろい
「飛天夜叉、飛天夜叉!」 「若い女だということだね」 「いやいや男だということだ」 「ナーニ一人の名ではなくて、団体の名だということだ」 「飛天夜叉組ってやつか」 「術を使うっていうじゃアないか」 「摩訶不思議の妖術をね」 「宮方であること …
作品に特徴的な語句
わざ ウナ すき 仰向うつむ 老爺おじいさん みにく わりゃ 生活くらしかた ヤカラ かたえ 婢女めしつかい 性質ひとがら 衣裳めしもの ウチ かち ヨシ のら あらそ 白楊しろやなぎ ただず じし ぎぬ 老婆おばあさん ぶせ しりえ 掏摸すりて そうろ 陥落おと 小刀メス 性質ひととなり 御衣おんころも 往来とおり 唐土あのち 行為しぐさ 距離あわい とぼそ おばば くく 外形おもてがかり 以前まえかた 御在おわ けがら 唐土からくに 清浄きよらか くに じゅう 破損やぶ あや ぽん とく 現身うつつみ 住人すみびと とうと 処女おぼこ おとこ 生活くら 醜婦しこめ かたわ 有之コレアリ 扶助たす 内部なかみ 将来こののち 配下てのもの おの 射出いい 夫婦いっしょ 焦燥いら 塵芥ほこり 往来みち おのれ ぎょう 囚人とらわれびと 水松みずまつ よご いぶ おわ 御内ミウチ 以前むかし きお 富豪おだいじん 彼方むこう わたくし さら 梧桐ごどう 往昔そのいぜん おい いつ いざ 展開ひろ しもと