“焦燥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうそう41.1%
あせ19.6%
せうさう7.5%
いらだ6.5%
いら2.8%
いら/\2.8%
じれ2.8%
もどか2.8%
やきもき2.8%
アセ1.9%
あせり0.9%
いらいら0.9%
いらち0.9%
0.9%
じら0.9%
じりじり0.9%
じれっ0.9%
せうそう0.9%
はしゃ0.9%
もどかし0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この不自由な、い、矛盾焦燥欠乏腹立たしさの、現実生活から、解放されるは、そのときであるようながしたのです。
希望 (新字新仮名) / 小川未明(著)
私はそうした神秘的な……息苦しい気持を押え付けよう押え付けようと焦燥りつつ、なおも、解放治療場内の光景に眼を注いだ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
好い男の顏が、苦惱と焦燥にさいなまれて、濃い影を作つて居りますが、態度はさすがに客馴れた調子で、少しも惡びれません。
と軍医大佐はりに首肯いていたが、その顔面筋肉には何ともいえない焦燥たしい憤懣の色が動揺するのを私は見逃さなかった。
戦場 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それを知らない師直は、かれもおなじくこの謎を判じかねているものと見たらしく、やや焦燥だって来たようにその口髭をむしりながら催促した。
小坂部姫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
畜生!』とお大は無上に胸が焦燥して、『莫迦にしてら』と突拍子な聲を出しながら、スタ/\歩出す。
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
「鍋、鍋、鍋」たてつけて呼んでも返答をしない。焦燥きッていると、気の抜けたころに、間の抜けた声で
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
信一郎は、もう四十分の後には、愛妻の許に行けるかと思ふと、汽車中で感じた焦燥しさや、いらだたしさは、後なく晴れてしまつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
「もうあなたここまでぎつけたんですもの。そう焦燥しないでいた方がよござんすよ。」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
行者はニタニタと笑ひつつ面白さうに俺のパクパクを眺めながら焦燥らず周章てず尚も幾杯かを傾けてしばらく沈黙の後(ああ! 悲劇の前奏曲よ!)静かに鼻の頭をこすつて
ただ焦燥に焦燥ってばかりいる今の自分が、恨めしくもありまた気の毒でもあった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
夜更けて馴染みの女から俥に送られて帰って来た良人と、しばらくぶりでそうして話しているお増の心には、以前自分のところへ通って来る浅井を待ち受けた時などの、焦燥しさがあった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
身体の痛みもせしかど、前足いまだえずして、歩行もいと苦しければ、心りに焦燥つつ
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
私のようにどこか突き抜けたくっても突き抜ける訳にも行かず、何かみたくっても薬缶頭を掴むようにつるつるして焦燥れったくなったりする人が多分あるだろうと思うのです。
私の個人主義 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それをけば意味ありげににやにや笑って見せるだけであった。お延は彼がとくにこうして自分を焦燥しているのではなかろうかという気さえ起した。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
だが、如何な彼女らも、後から後からと送られて来る生産力のそれには、絶えず追っ立てられ、焦燥させられ、慄えさせられ、しまいにはへとへとにされてしまう。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
彼女は焦燥たそうな眼つきをして
頸飾り (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
血性大雅に過ぐるもの、何ぞ進歩の遅々たるに焦燥の念無きを得可けんや。唯、返へす返すも学ぶべきは、聖胎長養の機を誤らざりし九霞山樵の工夫なるべし。(二月七日)
都合のい仮面を人が貸してくれたのを、かえって仕合せとして喜びました。それでも時々は気が済まなかったのでしょう、発作的に焦燥って彼らを驚かした事もあります。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ワンワン、ガヤガヤと、焦燥そうな群衆の声が聞える。わしは、速力をグッと速めた。
夜泣き鉄骨 (新字新仮名) / 海野十三(著)