“いら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イラ
語句割合
20.1%
18.2%
12.4%
9.9%
被入4.7%
4.4%
4.0%
2.6%
2.2%
焦心2.2%
1.8%
不用1.8%
1.5%
1.5%
返辞1.1%
1.1%
焦燥1.1%
被居1.1%
入来0.7%
入用0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.4%
不要0.4%
光来0.4%
0.4%
必要0.4%
0.4%
0.4%
焦慮0.4%
焦躁0.4%
0.4%
被来0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三太夫は胸へ込上げ、老人のあせるほど、気ばかりちてものもいわれず、眼玉を据えて口をぱくぱく、に酔うたるのごとし。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
尺八の穴みなビューッと鳴って、一角の大刀を大輪に払うと、払われたほうは気をって、さっとその足下からずり上げる。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
金煙管杳眇るを手にせるまま、満枝はさの遣方無げにれゐたり。さるをも見向かず、へず、として石の如くはれる貫一。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
きん「あのそれは先刻あのっしゃいまして、それはあの、雨が降って駒下駄ではけないから草履を貸してと仰しゃいまして」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
はい、でございます、此山するお大風のやうな何処かできます。貴僧此方被入つしやるでお心着きはなさいませんかい。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
グッと、身を斜めに、かごに、重みをかけて、今にも、やわ作りの乗物を、踏み抜こうやに見せかけたが、相手は、なおも、わなかった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
筆「其のは頭巾を被ってっしゃいましたからお顔は覚えませんがお声で存じて居ります、頂いたに相違ございません」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
いつか僕のいる方を向て、「ナニ、さまがナ、えらい遠方へ旅にしッて、いつまでも帰らっしゃらないんだから、いッてよびによこしなすったよ」
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)
停車場で車をってへ急ぐ途中も、何だか気がって、何事も落着いて考えられなかったが、片々の思想が頭の中で狂いる中でも
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
憎いは紋十郎、躍り出でただ一打ちとしきりに心は焦心ちましたなれど、向こうは大勢私は一人、迂濶に出ては危いと存じしばらく様子を窺いおりましたところ
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ち一歩引下り「おゝ御一緒に、今まで珈琲館にしッたのですか、私しは又用事で外へお廻りに成たかと思いました、でお帰りるには余り遅過るじゃ有ませんか」
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
最早不用ないよ。だから私も二度とお前達の厄介にはなるまいし。お前達も私のようなものは親と思わないが可い。その方がお前達のお徳じゃアないか」
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ガラリ、格子戸鳴りて、大和は帰り来れり「やア、花ちやん、つしやい、待つてたんだ、二三日、先生が御不在ので、寂しくて居た所なんだ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
賢夫人は、いいたいことがあって来たふうで、棘のある言葉で、チクチクといだした。
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「心得申した」——と返辞えながら、土器や三方を手に取ると、焚き連らねられた篝火を目掛けパッパッパッと投げつけた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
横笛愈〻ひて、人の哀れを二重に包みながら、浮世の義理の何方へも一言のへだにせず、無情と見ん人の恨みを思ひやれば、身の心苦しきも數ならず、夜半の夢屡〻駭きて
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
「さは文角ぬしにまで、かかる悪戯しけるよな。返す返すも憎き聴水、いで思ひ知らせんず」ト、みかかるをば文角は、再び霎時と押し隔て、「さな焦燥ちそ黄金丸。 ...
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
御夫婦とも左様申しちゃ何ですけれど一寸変って被居っしゃいますから無理もありませんでしょうが。
お久美さんと其の周囲 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「一寸御使にやって来たんです。明日は私の家で御待申していますから、何卒御話に入来しって下さい」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
さっき八っちゃんがにこにこ笑いながら小さな手に碁石を一杯握って、僕が入用ないといったのも僕は思い出した。その小さな握拳が僕の眼の前でひょこりひょこりと動いた。
碁石を呑んだ八っちゃん (新字新仮名) / 有島武郎(著)
善良らしい男の所へっしゃるんですね。
ましてや往来の人は通身雪にれて少時半身れて凍死する㕝、まへにもいへるがごとし。
手桶すだけのことだから資本ないにはいのであるが、それでも百姓ばかりしてるよりも日毎えた小遣錢れるのでもうくさうしてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
だかの老木にそひて
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
野茨にしまじる
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
不要ないわ。」と、後向きのまんま、格子戸を締めて、駈け出してしまった。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「長谷川牧師が光来しつてよ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
重助「あなたが権幕を変えて出てっしゃいましたから、私は跡で何んなにヒヤ/\して居たか知れません」
観音の地内とすれば、こんなものは必要ないはずであります。もう一つ可笑しいことには、観音様に神馬があります。
「そうか」とだった目でぎろっと折竹を見て、「君もか⁈ このダネック探検隊の……隊長だけが帰って何になる。それとも、君らが死にたいというなら、別だがね」
人外魔境:03 天母峰 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
カンテラは一つになった。気はますます焦慮って来た。けれどもなかなか出ない。ただ道はどこまでもある。右にも左にもある。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
僕は東京へ帰ってからの気分を想像して、あるいは刺戟を眼の前に控えた鎌倉にいるよりもかえって焦躁つきはしまいかと心配した。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
し彼のまれんとも、互のを合せて、さずともては相見て相知らばやと、四年を恋にゑたる彼の心はるる如く動きぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
母上があまり痛わっても居られまいから、淋しく侘しいのを、被来っしゃいと云ったので、大悦び。私が帰って来たら、新しく組立てたダブルベッドにうずまるようにして休んで居られた。
否ももわれはへじかにかくに人の心は人に任せめ
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
即ち小人卑怯の名、我またふことを得ず
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)