“少時”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しばらく70.7%
しばし20.5%
しばら3.3%
せうじ1.9%
しょうじ0.9%
すこしのま0.9%
しば0.5%
すこし0.5%
ちょっと0.5%
やや0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また或時、市中より何か買物をなしてけ、鉛筆を借り少時計算せらるると思ううち、アヽ面倒だ面倒だとて鉛筆をち去らる。
これらのを聞ける時のわがさまに及ばじ、わが愛こと/″\く神に注がれ、ベアトリーチェはそがために少時忘られき 五八—六〇
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
磯は少時此店の前を迂路々々していたが急に店の軒下に積である炭俵の一個をひょいと肩に乗て直ぐ横の田甫道て了った。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
僕は少時国芳浮世絵にこの話の書いたのを見てゐたから、「吉原八景」だの「黒髪」だのよりも「石の枕」に興味を感じてゐた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
抽斎が岡西氏せた三人の子の、ただ一人生き残った次男優善は、少時放恣佚楽のために、る渋江一家めたものである。優善には塩田良三という遊蕩夥伴があった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ましてや往来の人は通身雪にれて少時半身れて凍死する㕝、まへにもいへるがごとし。
し互ひに顏を見合せて少時言葉りしが大膳は吉兵衞に向ひ我こそは赤川大膳とてち山賊の棟梁なりまたなるは藤井左京とて近頃此山中に來りて兄弟の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
少時してゐる。院長ける。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「まア、真実に油断がならないね。大丈夫私は気を附けるが、お徳さんもられそうなものは少時でも戸外放棄って置かんようになさいよ」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
座を立った武蔵が、少時あってい来ったのは、都甲金平という藩士であった。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)