竹の木戸たけのきど
大庭真蔵という会社員は東京郊外に住んで京橋区辺の事務所に通っていたが、電車の停留所まで半里以上もあるのを、毎朝欠かさずテクテク歩いて運動にはちょうど可いと言っていた。温厚しい性質だから会社でも受が可かった。 家族は六十七八になる極く丈夫な老 …
作品に特徴的な語句
微笑わらっ けれ みん ださ それ はた はいっ いか 如何いくら かえ なや 平常かねて 執拗ひねく 使つかわ 眼前めのさき 執着しゅうね 入用いりゃ たっ つか 移転ひっこす 何処どっか 少時ちょっと こし 狼狽まごつ 承知うけとれ ぶっ 所為しょさ 露出はみだし ところ 平常いつ とこ もの あい ひえ 一寸ちょっ ない 高価たかく 沸騰わい ふい かわり 引込ひっこめ とい たっ きい 狼狽うろたえ すん 放下うっちゃ はた あたし 人々みんな 承諾ゆる 心地きもち 間違まちがえ いれ 其方そちら ひとつ 最初はじめて ぶり ぬい たっ すこし 喋舌しゃべっ 入用いる 俺家おれんとこ 一切いっせつ 人気ひとげ 開放あけ のま かね 魯鈍のろま 空虚からっぽ 朝飯めし 所天あなた 回想おもいだ さかり 悉皆みんな 怨恨うらま おおき こしら 美味いし すみこ 何卒どう 関係かかりあ きか 屋内うち 茶飯やつ