“隅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すみ92.8%
ぐう5.8%
くま0.2%
すみこ0.2%
すみつ0.2%
すみつこ0.2%
すみッ0.2%
はて0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
広い室内のの方へ、背後に三角のを残して、ドカリと、傍床の前に安坐を組んだのは、の、京極流を創造した鈴木鼓村だった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
で、椅子にかけたまま右後ろを向いて見ると、床板の上に三畳を敷いた部屋の一に愛子がたわいもなくすやすやと眠っていた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
皮膚の上にもう一枚皮膚ができたやうに、垢と脂とで汚れきつてゐるが、眼蓋や唇のぐるりだけ黒ん坊みたいにどつて生地の肌色が現れてゐた。
釜ヶ崎 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
それで結極のべつ貧乏の仕飽をして、働き盛りでありながら世帯らしい世帯も持たず、何時も物置か古倉ののような所ばかりに住んでいる、従ってお源も何時しか植木屋の女房連から解らん女だ
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
補布だらけな五六の蚊帳こに、脚を一本蚊帳の外に投出して、けに臥てゐた。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
浜口君夫婦は、座敷ので顔を二つ寄せて思案をしてゐたが、暫くすると浜口君は礑と手を打つた。
駆出してきなすった、直き後でございますよ。入違いぐらいに、お年寄が一人、そのこから、扁平たいような顔を出していたんでございますよ。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
新大納言が隱謀くも敗れて、身は西海のに死し、丹波の少將成經、平判官康頼、法勝寺の執事俊寛等、徒黨の面々、波路遙かに名も恐ろしき鬼界が島に流されしより
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)