吉原新話よしわらしんわ
表二階の次の六畳、階子段の上り口、余り高くない天井で、電燈を捻ってフッと消すと……居合わす十二三人が、皆影法師。 仲の町も水道尻に近い、蔦屋という引手茶屋で。間も無く大引けの鉄棒が廻ろうという時分であった。 閏のあった年で、旧暦の月が後れた …
作品に特徴的な語句
となり 痙攣ひッつ 女郎じょろ せん あわい 暴露むきだ しめ 挙動しぐさ 待遇あいしらい 彫刻ほりつ 最初はじめッ はたたがみ おど ばけ さあ 女児おんなご じれ 点々ぽちぽち 可憐いじらし おっか 車夫わかいし 三頭みッつ 真個しん せなか すみッ ひら きまり やみ 屋上やのうえ じじ 興味おもしろみ ともし かッ 可恐おっか 風采ふうつき むさ よし あかり さみ おびや とおり 扁平ひらべっ 爺々じじい ひど とこ 奴婢しもべはした つッ しま 向合むかいあわ ほんの にじ 羽毛けば 寂寥しん 形体ぎょうてい かぶり 婦人おなご 身代みがわり なま つらな ひらっ 嘔吐もど 蓬々おどろおどろ たなそこ おく せい 合点のみこ 各自おのおの 斜違はすっかい ちぎ 裁縫おはり あかる 明晩あくるばん たしなみ 曠野あれの 第一いっち じっ もよおし くら 汚穢むさ 企謀もくろ なか っか ことば 死損しにぞこな 寂然しん はた しん 端然ちゃん 産婆ばあ やつ みつ 扁平ひらった すずし