“箒川”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ははきがわ33.3%
はうきがは33.3%
ほうきがわ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も塩原の地形たる、塩谷郡の南より群峰の間を分けて深く西北にり、綿々として箒川の流に片岨の、四里にれ、十一里にりて、到る処巉巌の水をまざる無きは
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
中でも、日光の山水を持つた大谷川の谷と鹽原の勝を持つた箒川の谷とが一番世に知られてゐる。しかし、この他に鬼怒川の大きな溪谷のあることを忘れてはならない。
日光 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
蛇ヶ窪の非常汽笛、箒川の悲鳴などは、一座にまさしく聞いた人があって、そのも口から伝わる。……按摩白眼癩坊の鼻、婆々逆眉毛。気味の悪いのは、三本指、一本脚。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)