“箒木”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ははきぎ75.0%
はヽき8.3%
はゝきぎ8.3%
ほうき8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巨大な箒木のそれのように、建物の屋根をぬきんでて、空を摩している形があったが、薬研堀不動の森の木であった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
笑顏をまづする庭男に、まヽりて箒木かせず、吾助がかけるかと突然可笑しさ。
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
らにふる箒木や、新墾小田の末かけて
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
わしなんぞも今はまだ、腰にも張らぬものの、やがてはあの庭先で、箒木を取っている下僕のように、ヨボヨボしてしまわねばならぬのじゃ
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)