海潮音かいちょうおん
遙に此書を滿州なる森鴎外氏に獻ず 大寺の香の煙はほそくとも、空にのぼりてあまぐもとなる、あまぐもとなる 獅子舞歌 卷中收むる所の詩五十七章、詩家二十九人、伊太利亞に三人、英吉利に四人、獨逸に七人、プロ …
作品に特徴的な語句
通夜つや 修羅しゆら 素足すあし ふか なみ 烏滸をこ 樹蔭こかげ なだ らふ ひろ 微風そよかぜ 繰返あこぎ 下界げかい 唐草からくさ のこり こて 御手みて 鳶色とびいろ 臙脂えんじ 眼差まなざし 内證ないしよう 畏怖おそれ 見詰みつ 暴戻ばうれい 忍辱にんにく 渡殿わたどの 苦患くげん 誹謗ひばう 供奉ぐぶ しやく 苦痛くるしみ 逢瀬あふせ 時節をりふし 日脚ひあし 波濤はたう 片言かたこと 篠懸すゞかけ 羅刹らせつ 谿たに 墨染すみぞめ 河馬かば 涅槃ニルワナ 足音あしおと 朧月ろうげつ 紺青こんじやう 中空なかぞら 御名みな 水干すゐかん 無間むげん 現身うつそみ 譬喩ひゆ 一群いちぐん おそ 手枕たまくら 太夫たいふ 暗夜やみよ 木下闇このしたやみ かぢ 神輿みこし 光芒くわうばう 木葉このは 故里ふるさと ふた 御寺みてら あな すな あと うたげ 白妙しろたへ 落葉おちば 起居たちゐ 絶間たえま なかば 後世ごせ おく 青葉あをば かた 天降あもり 破鐘やれがね つたは 荒磯ありそ 勢子せこ 焦茶こげちや ほこ 面映おもはゆ 四辻よつつじ 生贄いけにへ 機織はたおり しるべ 飛鳥ひてう 唐獅子からしし 怨念をんねん さと ひと 眞晝まひる
題名が同じ作品
海潮音 (新字旧仮名)上田敏 (著)