“走”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はし60.6%
20.4%
4.4%
2.7%
ぱし2.4%
ばし1.9%
はしら1.5%
わし1.0%
かけ0.7%
はしり0.7%
そう0.7%
0.5%
ある0.2%
0.2%
すべ0.2%
たばし0.2%
はしらす0.2%
はせ0.2%
ばせ0.2%
0.2%
0.2%
ハシ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、ばたんと機械がまわって、ピリッピリッとると、ゴウッとってきたまって、まっていたすのです。
はととりんご (新字新仮名) / 小川未明(著)
三が日の晴着踏み開きてせ来たりし小間使いが、「御用?」と手をつかえて、「をうろうろしとっか、玄関に行きなさい」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
近くの茶屋で、そのまま歓送の宴が張られた。遅れせに見送りに来た藩士も加えて、人数はいつか二十名近くにもなっている。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
余は車に揺られながら、乗客の神経に相応の注意を払わない車夫は、いかによくけたって、ついに成功しない車夫だと考えた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「わたしは、ちょっと今、手がすいておりますから、それでは、わたしが壁辰の親方をりに迎いに参りましょうか」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
風を切り、夜を裂き、大地にる音を刻んで、呪いの尽くる所まで走るなり。野を走り尽せば丘に走り、丘を走り下れば谷に走り入る。
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ぞ出帆したり追々も少し吹出眞帆を七分に上てせハヤ四國のを廻り船路にて四五十里もしと思ふ頃吉兵衞はへ出て四方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
我は身をわがたのもしき伴侶によせたり、我またいかで彼を觸れてるをえんや、誰か我を導いて山に登るをえしめんや 四—六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
よくあんな紳士的な服装をして汗も出さずにられる事だと思うくらいに早く走ける。もっとも足も長かった。身のは六尺近くある。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ぞ出帆したり追々も少し吹出眞帆を七分に上てせハヤ四國のを廻り船路にて四五十里もしと思ふ頃吉兵衞はへ出て四方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
とせん間違へたり引返してと跡戻り、大路れば小路らせ小路ては大路幾走幾轉のあとてめぐりれば以前なり
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
つまるところは議論——ただ空論にしってしまうことが、今日の倫理説の傾向である。
今世風の教育 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
されば家事その他世の交際にいたるまでも。全権は浜子一人に帰して。女尊主義を主張し。自身はお手車で飛びけども。旦那様は腰弁当にて毎朝毎朝出かけて行き。りには観音坂下まで。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
「愛」はち馳せりつ、馳せ走りながら打泣きぬ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
みんな私が悪かったんで、つい迂闊り口をらしたんでね
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここにその御刀に著ける血、湯津石村りつきて成りませる神の名は、石拆の神。次に根拆の神。次に石筒の神。
まろびながら雪を次第に大をなし、幾万斤の重きをなしたるもの幾丈の大石をがごとく、これが為にあわ/\しき雪おしせかれて雪の洪波をなして大木を根こぎになし
これを見て打ゑみつゝ炉辺座列て酒かはし、やゝ時うつりてたる者ども立かへりしに、行方しれざりけり。
私に銀杏を持って来て、くれたと思うと目を覚ましたが、やがて銀杏が小包で届いて来た、遅れにまた乳母の死んだという知らせが、そこへ来たので、夢の事を思って
薄どろどろ (新字新仮名) / 尾上梅幸(著)
その時、ればせにせつけた見慣れない大男——刀を横たえ、息せききって来合わせたのをお角が見ると、ははあ、相撲取だと思いました。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かうした現実が、歌や物語や、江戸貢進使の上り・下りの海道談に、夢想をせ勝ちのやまとの、茲も血を承けた、強い証拠らしい気を起させたであらう。
若水の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「ナルホド、ソレモ一理窟。」日本古来ノコノ日常語ガ、スベテヲリツクシテイル。首尾一貫秩序整然。ケサノコノモマタ、純粋主観的表白ニアラザルコトハ、皆様承知
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)