“純粋”のいろいろな読み方と例文
旧字:純粹
読み方割合
じゅんすい75.0%
きっすい8.3%
きつすゐ8.3%
ジュンスイ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勝負の面白さが、純粋に勝負だけの面白さで、その時には、恋も、コオチャアも、女も、利害も、過去も未来もなかったのです。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
いていで礪ぎ出した純粋江戸ッ子粘り気なし、でなければ六と出る、忿怒の裏の温和さもあくまで強き源太が言葉に、身動ぎさえせで聞きいし十兵衛、何も云わず畳に食いつき、親方
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と磨いていで礪ぎ出した純粋江戸ッ子粘り気無し、で無ければ六と出る、忿怒の裏の温和さも飽まで強き源太が言葉に、身ぎさへせで聞き居し十兵衞、何も云はず畳に食ひつき、親方
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「ナルホド、ソレモ一理窟。」日本古来ノコノ日常語ガ、スベテヲリツクシテイル。首尾一貫秩序整然。ケサノコノモマタ、純粋主観的表白ニアラザルコトハ、皆様承知
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)