五重塔ごじゅうのとう
木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用いたる岩畳作りの長火鉢に対いて話し敵もなくただ一人、少しは淋しそうに坐り居る三十前後の女、男のように立派な眉をいつ掃いしか剃ったる痕の青々と、見る眼も覚むべき雨後の山の色をとどめて翠の匂いひとしお床しく、 …
作品に特徴的な語句
おやじ やぶ やさ はぐ しも おまえ くすぼ はぐ ひと 面貌きりょう ゆる 女房かか 退 わたく わたし 歔欷しゃくりあげ 全然さらり さき そなた ついや ぴん とこしな 可憐あわれ おか いけ てん ひえ 憫然かわいそ たた くだ むか へべ 便すべ 土竈べっつい いいつ ゆら すぼ つま だち かわ 莞爾にこにこ ある いだ 十分じゅうぶ 京都きょう あだ うず あわ あげ 老婆ばば くだ 小童わっぱ うるわ つくろ 美味うも きさま でか 何人いくら みず 性質もちまえ むこう わっち 注意こころぞえ 執行しゅうぎょう 恐怖こわごわ 愉快こころよ ちさ つつし 戯言おどけ おり てめえ 風姿ようだい 憫然あわれ ふる うた 化粧しまい 彼奴あれめ にぎ 返報がえし 瀟洒あっさり 調こしら ふさ 普通つね おれ ひま 躊躇たゆた つく ぬき
題名が同じ作品
五重塔 (新字旧仮名)幸田露伴 (著)