“全然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まるで32.9%
すっかり13.7%
すつかり8.7%
ぜんぜん6.8%
まるきり6.2%
まるつきり3.7%
まるっきり3.7%
まる3.1%
ぜん/\2.5%
まったく2.5%
さっぱり1.2%
まるまる1.2%
さらり1.2%
すっか1.2%
ぜん/″\1.2%
てんで1.2%
さつぱり0.6%
からっきし0.6%
から0.6%
がらっと0.6%
すっぱり0.6%
すッかり0.6%
すツかり0.6%
そっくり0.6%
そつくり0.6%
ぱったり0.6%
まった0.6%
まつたく0.6%
まるっ0.6%
まる/\0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今朝、暗いうちに呼びかけられた時とは全然違った……否あの時よりも数層倍した、息苦しい立場にれられてしまったのであった。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
少し様子を見てし悪いようなら森川さんを呼ぶ積りだった。けれども九時頃には全然直ってしまったから乃公は遊びに出掛けた。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
でも矢張り女で、やがて全然醉つて了つて、例の充分に發達して居る美しい五躰の肉には言ひやうもなく綺麗な櫻いろがさして來た。
姉妹 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
「あいつは財産惹着けられてゐるんだ。」大久保はいつかさうつてゐたけれど、竹村には其意味全然不可解であつた。
彼女の周囲 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
大槻が転居するという噂は、私にとって全然他事のようには思われなかった、私はそれとなく駅長の細君に、聞いて見たが噂は全く事実であった。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
んでもまさか、村落だつて隨分かぶつたんだから全然なんともねえつちこともねえがねえ」女房くしていつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そうしたらネ、アノなんですッて、私の言葉には漢語がざるから全然何を言ッたのだか解りませんて……真個に教育のないという者は仕様のないもんですネー
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
生娘だ生娘だ、この女は! お紋とはう、全然で異う! ……胸の円さ、乳房のふくよかさ! ……そうして何んと清浄なんだ! ……見たこともない
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
如此き事をみし事なし、みて馬鹿気たる事をめたれば全然之を放棄せり、く事なり
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
それならば大友はお正さんに恋い焦がれていたかというと、全然左様でない。ただ大友がその時、一寸左様思っただけである。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
金城鉄壁ならざる丸善の店が焼けるに決して不思議は無い筈だが、今朝焼けるとも想像していないから、此簡単な仮名七字が全然合点めなかった。
然し、全然蹈むのもさすがに不便との思召を以つて、そこは何とか又色を着けて遣らうさ。まあまあ君達は安心してゐたまへ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
紅蓮白蓮のゆかしく衣袂に裾に薫り来て、浮葉に露の玉ぎ立葉に風のける面白の夏の眺望は、赤蜻蛉菱藻り初霜向ふが岡の樹梢を染めてより全然と無くなつたれど
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
で、斌も峰松も、佐藤とお君との恋愛をく嫌ったのは云う迄も無い。二人は塾の事に冷淡になった。是が直ちに影響し塾生の数がに減った。すると今度は佐藤の方で全然りお冠を曲げて了った。
わがはこれについて一じてきたい。年紀時間基準問題である。これは國號姓名などの固有名問題とは全然意味ふ。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
いないとも……浮浪人狩なんか遣っているところを見ると、この事件の性質なんか全然問題にしないで、見当違いの当てズッポーばっかり遣っているらしいんだね。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
就いてはこれといふ証拠が無くちや口が出ませんから、何とか其処を突止めたいのだけれど、私のぢや戸外の様子が全然解らないのですものね
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
野郎が有難い事を云ったってかんかん虫手合いは鼾をかくばかりで全然補足になら無えってんで、工場長開けた事を思いつきやがった、女ならよかろうてんだとよ。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
『さあ、この怪我人を何うして下さる』というような次第で、今度は車屋仲間が私達を取り巻きました。江戸っ子も斯うなると全然意気地がありません
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
の御機嫌は既に全然変っている。して見るとには川に落ちるのも、大阪の伯父さんの言葉を借りていえば、川にるのも、満更損じゃないと思う。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
つまらぬ心配をした事を全然して、快よく一笑に付して、心の清いところを見せて、お勢に……お勢に……感信させて、そして自家も安心しようという文三の胸算用は、ここに至ッてガラリ外れた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「それじゃ……それじゃこうしましょう、今までの事は全然……水に……」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
その間に牧羊人大願成就ないと、全然その金をみ得た(ハーンの『アルバニッシュ・スチュジエン』巻一)。
した事は無いがこの家は全然お前に譲るのだ、お前は矢張私の家督よ、なう。で、洋行も為せやうと思ふのだ。必ず悪く取つては困るよ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
すると一月半ばかり前からお秀は全然局に出なくなった。初は一週間の病気届、これは正規で別に診断書がらない、其次は診断書がて五週間の欠勤。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
さて大友はおに会ったけれど、そして忘れ得ぬ前年の全然く同じな景色に包まれて同じように寄添うて歩きながらも、別に言うべき事がない。却ってお正は種々の事を話しかける。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「いや、それが出來ないのではなからう、んのだらう。負債も平氣、催促も平氣、嘲罵も近隣の評判も全然平氣なんだからな。少しも氣にかからんのだからな。」
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
贋物や疑物ということは、折々耳にしないこともないのですが、それが案外多いらしい様子です。全然きりの私の贋物もありますが、一とう多いらしいのは直し物です。
迷彩 (新字新仮名) / 上村松園(著)
三ヶ與吉衣物てゝ、おつぎも近所うて炊事でも餘所行半纏けていた。勘次は三ヶさへ全然安佚つてはなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)