山羊髯編輯長やぎひげへんしゅうちょう
女 箱 師「玄洋日報社」と筆太に書いた、真黒けな松板の看板を発見した吾輩はガッカリしてしまった。コンナ汚穢(きたな)い新聞社に俺は這入(はい)るのかと思って……。 古腐ったバラック式二階建に塗った青い安ペンキがボロボロに剥(は)げチョロケて …
作品に特徴的な語句
そぞ 御座ござん 全然てんで 失策エラー 悲哀センチ あげ ごろし 一周ひとめぐ ぱし 背後うしろすがた じょ 老爺じじい こっ がしら 尖端はし ふさ とっ 此村このむら 材料ねた 普通あたりまえ 事件やつ づら くゆ 移転うつ だね など 臭味におい 恐怖こわ こうべ 健康じょうぶ あたし がたき 退さが おのれ げん おやじ 浮彫レリーフ とまり 汚穢きたな 提灯ぢょうちん 感傷センチ 怪訝おか うしろ 当宅たく 弁当べん 帽子シャッポ 展開ひろが 見透みす ばばあ 女将かみさん はず 迂濶うっかり 鍼灸はりきゅう 判然わか におい あが 頭髪あたま 一撃ひとう にく やみ くら かな ななめ ぱな 明日あした 蔓草つるぐさ 春吉はるよし 後退あとじさ 綴込とじこみ 警察さつ 調しらべ のち くびき 私室プライベート しぐさ 血餅ちのり まき なか 西門にしもん 何卒なにとぞ たび 最早もう 見澄みす 曳出ひきだし 話頭はなし