“正午”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひる67.8%
おひる8.9%
まひる6.7%
しょううま5.0%
しょうご4.4%
しやうご2.2%
ここのつ1.1%
こゝのつ1.1%
しようご1.1%
うま0.6%
しやううま0.6%
せうご0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正午のサイレンと共に今日はおきるのかな、と心ひそかに焦れながら待つていると、十一時近くになつて電話のベルがなりはじめた。
殺人鬼 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
「市ヶ谷本村町丸◯番地、亀崎ちか方ですわ。いつでも正午時分、一時頃までなら家にいます。おじさんは今どちら。」
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
従来に無い難産で、産のが附いてから三日目正午、陰暦六月の暑い日盛りに逆児で生れたのがと云ふしい重瞳の児であつた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
黄色いりですぐ知れた。空地の草ッ原では、はや執行の寸前とみえ、正午の合図を待って、首斬り刀に水をぐばかりらしい。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あいづちをうつごとく、どこかの工場から、正午汽笛りひびきました。少年は、これを機会に、りたのでした。
太陽と星の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
との一人ばかり、正午しい極熱太陽いほどにつた光線を、深々いた一重檜笠いで、図面た。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「いや、これをやらなきゃ、お嬢さんを殺した下手人は解りませんよ。さア、もう正午が近い、銘々の部屋に入って下さい」
「いや、これをやらなきや、お孃さんを殺した下手人は解りませんよ。さア、もう正午が近い、銘々の部屋に入つて下さい」
地震つたのは當日午前十一時十分頃であり、郵便局りの潰家から發火したのは正午ぐる三十分位だつたといふから、地震後一時間半經過してゐる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
それでも大急ぎで支度をして、二人が立ち出でたのは朝の巳刻(十時)過ぎ。言葉少なに、平次が案内したのは、海雲寺の境内、その日正午に富突きを興行しようという、物凄い場所でした。
浪五郎は若い時から船頭で、幾度も難破したのを、水天宮樣を信心して助かつたと言つて、月の五日の正午には、どこにゐても必ず江戸へ歸つて來て赤羽橋の有馬樣の水天宮樣にお詣りをします。
から丁度季節五月中旬晴朗正午時分であつた。